上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも~w
今回は、大分県の由布川峡谷へ行った時の話です

由布川峡谷は、由布岳、鶴見岳に源を発し、60メートルの高さの断崖が12キロも続きます
大小様々な滝が約40箇所点在し、流線型の岩盤を伝って流れる様は正に絶景です


由布川峡谷1


由布川峡谷の駐車場で張り切っているロコたんですww







由布川峡谷2



まるで、取って付けたようなロコの解説は、駐車場にあった案内看板の内容からですww
準備を~は、私の反省から来た言葉です(笑)


由布川峡谷3


峡谷と言うからには、谷なのです
谷ということは、この駐車場からまだ下っていく必要があるわけです


由布川峡谷4


と、言う訳で由布川峡谷へ降りていくことにしました
思った通り、かなりの距離を下っていきます

普段あまり運動をしていない人には、ちょっとつらいかもしれません
決して、サンダルとかヒールで行かないようにww


由布川峡谷5


階段を降りて行くとこんな光景が現れます


由布川峡谷6


ここが階段を降りきった場所です
ここに来て一番に思ったことは、長靴を用意してくるんだった・・・
でした(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

ここの川は水深がそこまでないので、長靴があれば
結構、色々と散策出来ます

でも、ないと・・・
それなりにしか移動出来ません(´・ω・`)


由布川峡谷7


それでも十分、由布川峡谷を堪能することはできますけど


由布川峡谷8


本当にいたるところから水が流れ落ちています
この上流には、チェックストーンという奇岩があるらしいのですが
案内看板では立入禁止区域になっていました・・・

もちろん、長靴もないのらは行けませんけど(笑)


ここの景色はほんとうに素晴らしいのですが
観光地としては、いまいちマイナーな部類になると思います

それでも、風景写真を趣味としている人などには
絶好の撮影スポットです

この日も後からそれらしきご夫婦が、それぞれ一眼レフを片手に撮影に来られていました
もちろん、長靴を履いて(笑)

もっと沢山の写真を撮ったのですが、ここはロコが主役のブログなので
風景写真はこのくらいにしておきましょうw

ところで、峡谷でロコの姿を見てませんよね?

それもそのはず、この時ロコたんはどこにいたかと言うと


由布川峡谷9



はいw
車の中でお留守番だったのです クス(・m・*)クス
いや~、ロコを担いで峡谷まで降りる自信がなかったのですよww


由布川峡谷10


いや、見たとしてもロコたんには絶対わからないからww






ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2013/07/28】 | 大分県 トラックバック(0) |


やらいちょう
本州では見られない光景です。
神秘的でいいですねぇ〜。
ジブリの世界だ。

やらいちょうさん
のら
ここには初めて来たのですが、来て良かったと素直に思えました
ついついバカみたいに写真を撮りまくりましたよ(笑)
次は少し長めの長靴を持参して、もっと見て回るつもりです

コメントを閉じる▲
どもどもw
いつもよりも、かなり間が空きましたが
加部島 杉の原牧場の後編ですw

前回、巨大化しそこなったロコは
今回はきちんとレポートするつもりのようですww

加部島16






キャンプ場ねぇw
そういえば、ロコとキャンプとかしたことないなぁ・・・
車中泊だと何度もやってるけどねww


加部島17


キャンプ場は、放牧地の先
この細い道を抜けた先なのです


加部島18


おっ!
珍しく、マジメにやる気のようですねwww


加部島19


あららww
まぁ、確かにロコのようにちょこっと進んでは休みではねぇww


加部島20


途中に登り坂もありますしねぇ・・・ww


と、言う訳で
車で移動することに(笑)


加部島21


放牧地の牛達は車が来ててもお構いなしに草を喰みますw


放牧地を抜けた先に駐車場があり
そこに車を停め、歩いてキャンプ場へ向かおうとしましたが


加部島22


ロコは運転席から見える牛達に夢中ww
真横を通り過ぎる時は隠れてたのにね


加部島23


夢中で牛を見てたら、斜め後ろから何か音が・・・
突然のことに驚くロコ

何の音だったかというと・・・


加部島24


斜め後ろにある、牛舎の扉が開いて
若い牛達が一斉に出てきたのでしたwww


加部島25


突然のことに、さっきの余裕はどこへやら(笑)
姿勢を低くしながら、車の窓から牛を眺めるロコなのですw


加部島26


ビビりながらも、釘付けになるロコw


加部島27


最初に出てきた牛達は、私達が来た道の方へと移動しました



加部島28


それでも、後から出てきた牛達が車の横の場所で草を食み出します


ロコは牛に釘付けで、運転席の窓から離れませんww
おもしろい写真も撮れたことですし
キャンプ場はまた次の機会にしようと
ゆっくりと元来た道へと戻ります

すると、車の窓からジッと見つめるロコに気づいた牛が


加部島29


ぶも~~~~~~~~~~と一言(笑)


加部島30



ロコは隠れながらも目が離せないのでしたww



加部島31



放牧地を抜け、加部島の風景を堪能しながら帰路についたのでした








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2013/07/20】 | 佐賀県 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



カトリーヌ
ロコたん、立派にレポーターとしてやっていけそうですね♪♫♩♬
TVに出してもらえるかもーーw
牛さんは大きいから近づくのは怖いよね(; ̄ー ̄A
『なんじゃわれーー』って...(:.´艸`:.)ぶっ 
ヤンキーな牛だったんですね(* ̄m ̄)ノ彡_☆

カトリーヌさん
のら
いつもありがとうございます^^
ロコ、レポーターとしてやっていけるでしょうか?w
玉なしになってから、度胸がなくなったんですよねぇ・・・w
昔は犬も怖がらなかったのに~(´・ω・`)

てか、世間知らずだっただけ?(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

コメントを閉じる▲
佐賀県の加部島に行って来ました
加部島は、呼子大橋を渡った先にある島です

呼子はイカが有名です
呼子に行ったって言うと
大抵、イカを食べて
呼子大橋を見て
それから~・・・

う~ん・・・
あっ!
波戸岬に行って~ とかw

そんな感じで終わりって人が多いのではないでしょうか?

でも、呼子大橋を渡った先に
素晴らしい場所があるのです

今回はそんな加部島のスポットにロコと行って来ました


加部島1

ちょっと眠そうな目をしていますが、気にしないでください(笑)









呼子大橋を渡って、加部島の中を抜けると
こんな景色が広がります

加部島2


ここは、加部島 杉の原牧場
島の北部に位置し、海に面しています


加部島3


島の沖にある、小さな島にも灯台が・・・

青い海と、緑の放牧地
本当に素晴らしい景色で
晴れの日も、雨の日も美しいのです

加部島4

景色を堪能していたら、ロコが怠けてましたw

さて、今回はどんなボケをかましてくれるのでしょう?ww

加部島5


う~~~~~ん
確かに、ここの牛はこの草を食べて大きくなるのだけど・・・


加部島6


いや、それはムリだから!


加部島7


ロコさん・・・
巨大化して何がしたいというのか?ww


加部島8


いや~w
何の変化もないよ~
お腹の肉のたるみもそのままだし・・・


加部島9


いやいやw
そういう問題ではないから!


加部島10


お見せできない姿なので
良い子の皆さんには、アザミでも見ておいて頂きましょう(笑)


加部島11


もしもし?
ロコたん、人の話聞いてた?
たくさん食べても、巨大化なんかしないからw
それよりも、そんなに草を食べたら・・・


加部島12


ほら、やっぱり、そうなるww


加部島13



ほらぁ~~~~~
言わんこっちゃないww


加部島14



だから、言ったのに~
まったく、人の話を聞かないんだからwww


加部島15



言ってることは立派だけど
そんな目はしてないぞ~www











ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2013/07/11】 | 佐賀県 トラックバック(0) |


やらいちょう
この前博多に行った時に
呼子の烏賊のお造りを食べたのですが
さすが旨かったですね。
いつか現地で食べたいものです。


足袋ネコ
わ〜〜きれいな海だ〜〜
泳げないので 見るだけで満足です、はい。
思わず「う〜み〜は ひろいな おおきいな〜」って歌いたくなります。
牛さん達も眺めのよいこの場所で 思う存分食べまくって
やがては私達のお腹の中に・・・・なまんだぶつ。

ロコたんが ゲロリンちょするとわかっていて草をたくさん食べちゃうのは
私が絶対二日酔いするとわかっていてビールをグビグビやっちゃうのと一緒でしょうか わははっ 


しばシマイ
呼子にいったというと、イカ食べたんだね。
って、言われますよね(^m^)ぷぷぷっ。
気持ちいい景色ですね。
相変わらず、海もいい色ですね。(^-^)ふふっ。
ロコくん、巨大化したかったのね。(^m^)ぷぷっ。
食べたら、どうしても、ゲロリンしちゃうよね。。。^_^;あはは。たくさん、食べるとね~。
暑いから、体調、お出かけも気をつけてくださいね。
 今日も元気で健やかさんで(^▽^)/ ロコくん♪

やらいちょうさん
のら
現地ではイカ三昧を楽しんでください
イカしゅうまいなんかもありますよ~w
刺身の後のげそ天もたまりませんしね

足袋ネコさん
のら
ここは景色のいい素敵な場所でした
ロコと足袋ネコさん・・・
以外な共通点でしたね?(笑)

しばシマイさん
のら
そそw 呼子にって言うとイカになりますねww
お腹の感じは牛に負けてないロコです(笑)
どこへ行っても草の味見はやめられないロコでしたw

コメントを閉じる▲
どうもw
黄牛の滝、後編でございます~

沢から上がってきて、ロコはキャリーバッグから出て自分で歩きます

あちこち匂いを嗅ぎながら
気に入った物を探します

黄牛の滝16








どうも、花が気になったようです
その花の名前はねぇ・・・


黄牛の滝17


ちょ!
な、なんですと~?


黄牛の滝18


ああ、その花の名前はねぇ・・・
って、どうせ名前なんてどうでもいいんだろ?


黄牛の滝19


ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ろ、ろこさん・・・
そ、それはないのでは・・・?

黄牛の滝20


は、はい・・・

黄牛の滝21


(((( ;゚д゚))))アワワワワ


黄牛の滝22


ん?
ろ、ろこさん・・・
そ、その続きは・・・?


黄牛の滝23


え?
ま、またお約束?
てか、その振りだとなんて言えばいいのか・・・(´・ω・`)


黄牛の滝24


ああw
あれかww
あれは、この黄牛の滝の看板だよ
きっと、地元の人が作ったんだね
なかなかいい看板だと思うよ


黄牛の滝25


そうだよ~、こんな看板は初めて見るね
これを作るだけでも大変だったろうね?


黄牛の滝26


さて、ロコたん
駐車場までは、あと少しだよ
まだ、次に行きたい所があるし
早く車に戻ろうか?


黄牛の滝27


え?
ロコ、疲れるほど歩いてないだろうが!w


この後、ロコはその場を一歩も動こうとせず
キャリーバッグを下に降ろしてやると
当たり前のように自分から中に入り
さぁ、運ぶのですwって顔をしていたのです・・・




ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2013/07/07】 | 大分県 トラックバック(0) |


やらいちょう
観光地っぽくないところが最高です。
手作りの看板も
逆に本物らしさがあっていいですね。
手つかずの自然をこのまま維持して欲しいものです。


カトリーヌ
わははww
のらさん、完全にシモベ化していますねーっヾ(*>∀<)ノ゙キャハハッ
もちろん私もですけどっ(*´艸`*)
かご屋、喜んでやらせていただきますよww
手作り看板、とっても味があっていいですね(≧∇≦)b

やらいちょうさん
のら
国道から入り込んだ、山間の農村で
近くに温泉まで出たのに
それを上手く活用できていない
ある意味、残念だけど嬉しい場所ですw
人が少ないからロコも怖がることなく
滝の周辺を堪能できたようでしたww
もちろん、訪問した日が平日だから
というのもあるんですけどね

カトリーヌさん
のら
そうですw
ある時は下僕
ある時は給仕係
ある時はウンチョス係・・・
でもね、かご屋は(´・ω・`)
マジで、重いのww
紐がね肩に食い込むよ(ノД`)シクシク

この看板は、最高だと思いますw
つい看板だけをアップしちゃいましたからww

コメントを閉じる▲
大分県竹田市にある黄牛の滝に行って来ました
黄牛と書いて、あめうしと読みます

場所は国道442号から少し入った所
国道沿いに看板があるのですが、ちょっと分かりにくいかもしれません

だから、メジャーになりきれてないのかもしれないですけど(笑)

滝の入口には、広い駐車場もありますし
すぐ傍には、出会いの湯という温泉もあります

もちろん、滝をアピールする看板も・・・

で、その看板の下に滝までの距離が書いてありました


黄牛の滝1

滝まで342メートル・・・

なんか微妙な距離ですww

それなりの距離があるので、ロコはキャリーバッグに入ってもらって
駐車場を出発します

坂を下って進んでいくと階段が・・・




黄牛の滝2

画像では伝わらないかもしれませんが、結構急な階段です(笑)

重いロコを抱えて、ここを降りるのか?ww
一瞬やめようかと思いましたよ(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

それでも、下に降りて行くと沢に出ました
こんな光景です

黄牛の滝3

滝なんて、どこにもありません・・・
階段を降りきった所に
岩伝いに流れ落ちる流れがあったので、もしやコレが?

黄牛の滝4

まさか、それはないだろうと
とりあえず、奥に進んでみます

看板に342メートルって書いてあったしねww

上流へ歩いて行くと、ありました!
これが、黄牛の滝です

黄牛の滝5


落差は20メートルあるらしいです

黄牛の滝6

滝壺近くにいるので、結構な迫力ですw

時折、風に煽られて水しぶきが流れてきます

黄牛の滝7

たまらず、ロコと一緒に避難しますww

黄牛の滝8

ロコは、前回の沈堕の滝や白糸の滝ほどビビってなかったですねww
キャリーバッグで移動したからでしょうか?

黄牛の滝9

それまでの滝は、何が何でも逃げるのですって勢いでしたからねww

水しぶきがかからない場所に移動するとロコは周囲の探検を開始です

黄牛の滝10

いや、きっとロコの気のせいだよww

黄牛の滝11

そうか?
だったら、もうちょっと見える所に移動しようか?

あっちがいいんじゃないかな?

黄牛の滝12

そう言って、ロコをキャリーバッグに入れると
滝が正面から見れる位置に移動しますwww

黄牛の滝13

真正面とはいきませんが、さっきよりは正面ですw

黄牛の滝14

のどかな田園地帯にあるとは思えない滝でした


ここの滝壺は結構水深があるらしく、昔は龍が住んでいたとか
その龍が悪事をはたらくので、その龍を鎮めるために
子牛の頭を投げ込んで鎮めたという伝説から
黄牛の滝という名前になったらしいですw

結構長いこと滝をボケ~っと眺めてました(笑)

ロコも特に降りたがらなかったので
そのまま撤収します

あの急な階段を登ってちょっと進んだ所で・・・

黄牛の滝15

ロコがキャリーバッグから身を乗り出し、降ろしてくれと言い出したのです・・・

後編に続きます(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ














ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2013/07/03】 | 大分県 トラックバック(0) |


やらいちょう
秘境!
と言いたいところですが
意外と牧歌的なところにありますね。
でも観光ずれしていなそうなところが素敵です。
ロコさん、いい経験をしましたね。


カトリーヌ
あめうし...読めませんよぉ( ̄ω ̄;)
ホント観光地ずれしていない自然いっぱい感がいいですね(≧∇≦)b
ロコたん、お魚を取ったり出来る?(▼∀▼)ニヤリッ
下ろしてもらってどこへ行くのかなっ?

やらいちょうさん
のら
ここは物凄くマイナーな場所だと思いますw
国道からも入り込んでますし
何せ、その国道も・・・ww


カトリーヌさん
のら
黄牛って読めませんよねぇ?ww
黄であめってww
そういえば、特牛って書いて
こっとい って読む地名も山口にあったなぁwww
どう考えても、きうし、とくうしですよね

ロコはねぇ、お魚は捕まえられないのですよ~
虫にもよく逃げられてるし(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

どんくさいのよねぇ~~~w

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。