上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

ここ数日、更新しなきゃと思いつつも、気づけば寝ていた ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

今夜こそはと、気合を入れてPCの前にいるのですが、
途中で寝てしまわないかちょっと不安(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

さて、今回は福岡県宗像市光岡にある光岡八幡宮へ行って来ました。




光岡八幡1




この日は、本当ならオオキツネノカミソリを見るために
井原山と言うところに登るはずでした・・・。




光岡八幡2




でも、前日の夜中、ロコたんが脱走・・・
3時過ぎまで帰ってこなかったので、計画変更となったのです(´・ω・`)

オオキツネノカミソリというのは、珍しい花なのです。
ちょうど今が時期なのよ。




光岡八幡3




光岡八幡は樟の木で有名なのです。
参道の樟の木も元気で・・・




光岡八幡4




元気過ぎて、コンクリートの参道を破壊してます(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ




光岡八幡5




参道の樟の木も元気でいいのですが、光岡八幡の樟の木と言えば・・・




光岡八幡6




やはり、ご神木の樟の木です。




光岡八幡7




まだまだメジャーな物件ではないので、まだ側まで行くことが出来ます。




光岡八幡8




ロコで大きさの比較をと思ったけど・・・(笑)
よく分かりませんよね?w




光岡八幡9




光岡八幡の樟の木は、何と言ってもこの根っこですw




光岡八幡10




社殿より一段高い所に生えているのですが
大きくなりすぎて、社殿側の根っこはこんな感じにw




光岡八幡11




この辺りの根っこの高さは、170センチ以上ありますねw




光岡八幡12




なんか動き出しそうでしょ?w




光岡八幡13




ロコをお供えしてみました(笑)




光岡八幡14




身長150~160くらいのおじさんがタイミングよく現れたので(笑)

大楠というほどの大きさではないですが、生命力に溢れた素晴らしい木でした。

そうそう、クスって漢字ですが、楠、樟と2種類あるんですね。
ここ光岡八幡のクスは、樟と書いてありました。
どういう使い分けなんでしょうね?w














ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?












追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/31】 | 福岡県 トラックバック(1) |
~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

7月の半ばに熊本県山鹿市鹿央町にある、古代ハス園へ行って来ました。
古代ハス園には、植物学者の故大賀一郎博士が昭和26年に
千葉の縄文時代の遺跡から発掘し開花に成功した、大賀ハスをはじめ
約15種類のハスが栽培されています。




古代ハス園1




ハスの写真を撮るなら、早朝がいいのですが・・・

いくらピークを過ぎているとはいえ、やはり早朝は人が多く
ロコには無理と判断し、昼前に行きましたw




古代ハス園2




それでも、やはりそれなりに人はいるものです(笑)




古代ハス園3




最初、駐車場を歩き回っていたロコもハスの近くではキャリーバッグの中w




古代ハス園4




ハスの花は、やっぱりキレイですねw




古代ハス園5




シオカラトンボがやたらと飛んでました。




古代ハス園6




古代ハス園の奥の方に来ると、人も少なくなって
ロコもキャリーバッグから出てきましたw




古代ハス園7




さすがに7月も半ばになると、日差しも強く・・・




古代ハス園8




ダブルコートで寒さには比較的強いロコですが、暑さには弱いのです(笑)




古代ハス園9




ロコとハスの花の写真を撮るつもりでしたが、この状況では・・・




古代ハス園10




もちろん、のらもこの時点で汗だくですw
ロコではないけど、暑すぎてやってられませんし~(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

古代ハス園では、8月の頭までハス祭りをやってます。
盛りは過ぎていますが、まだまだ綺麗なハスの花を見ることが出来ますよ~

















ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?













追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/26】 | 熊本県 トラックバック(1) |


たぁーこ
はすの花 とてもキレイですね^_^
梅雨があけてとても暑くなりましたね^^;
のらさんもロコたんも夏バテにしないように気をつけて素敵な所紹介してね〜( ^_^)/~~~

たぁーこさん
のら
まいどどうもですw

ですねぇ~
暑くなりましたねぇ(;´∀`)

バテたって実感はないのですが、
寝ても寝ても眠いのです(´・ω・`)

夜明が早くなって、ロコが起きる時間も早くなってるし (ノД`)シクシク

お互い、気合いで乗り切りましょうね~w

コメントを閉じる▲
~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

やっと梅雨明けした、九州北部ですw

ついでに、夏休みも始まっちゃいましたねぇ・・・

さて、今回の舞台は大分県玖珠郡玖珠町大字森です。
ここは、瀬戸内海水軍村上氏の流れを組む、久留島氏が移封された豊後森藩。
一万四千石の街です。




末廣神社1




そんな豊後森の街に、三島公園という公園がありまして
その公園に末廣神社があります。

末廣神社は、久留島氏が出身地の伊予国の氏神である三島宮を勧請した神社です。




末廣神社2




こうやって見ると、城跡のようですがここは神社です。

久留島氏は関が原の戦いで西軍に付いたため、家名存続も危うかったのですが
妻の伯父にあたる福島正則のとりなしで事なきを得たのです。

そんな久留島氏でしたが、元々水軍であるのに海のない土地に移され
築城も許されませんでした・・・。




末廣神社3




そんな久留島氏が8代目藩主の時に、末廣神社の改築を口実に
石垣や茶屋の栖鳳楼(天守に見立てたらしい)を増築し
庭園なども造らせ、城のように整えたのです。




末廣神社4




石垣の長坂は勾配がきつく、ロコがもたもたしていると
上からおじさんが降りてきましたw




末廣神社5




雰囲気がある石垣でしょ?w




末廣神社6




築城が許されなかった久留島氏ですが、やっぱり城が欲しかったんですねぇw




末廣神社7




ロコは休み休み、ここまで登って来ました(笑)
石畳は歩き難いみたいです。




末廣神社8




石垣の上には、武者返しのような物までw
ココらへんは、遊び心なんだろうな。




末廣神社9




石垣を登ってくると、右側に末廣神社。
左側に栖鳳楼があります。




末廣神社10




末廣神社の方へ行こうとしたのですが、ロコは・・・




末廣神社11




そのまま真っ直ぐ、桜の馬場へとw




末廣神社12




そのままどんどん先へ進もうとします。
仕方がないので、キャリーバッグに詰め込んで末廣神社へw




末廣神社13




こちらは末廣神社の神殿です。




末廣神社14




二重構造になっているのですね。




末廣神社15




中が見れないと、ものすごく気になるものです(笑)




末廣神社16




こちらは日本一の大きさを誇る手水舎。
本当に大きかったけど、水が汚くて (ノД`)シクシク




末廣神社17




末廣神社の由緒書きです。




末廣神社18




末廣神社を正面から。




末廣神社19




神社の境内を出て、石垣を下りだすとロコがキャリーバッグから出てきましたw
下りも自力で歩いて降りたのですが、ちょっとお疲れのようでした(笑)

森の街には、他にも見所があるので
そのうちにまた、紹介したいと思います。












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?














追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/22】 | 大分県 トラックバック(1) |
~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww


今回の舞台は、大分県中津市本耶馬渓町。
題名にある、競秀峰と青の洞門。
青の洞門は知っていても、競秀峰は知らないという人は多いと思います。

それはそうと、昨夜このブログを更新しようと管理画面にインして
記事を書き、画像をアップしようとすると・・・

なんと、サーバーメンテナンス中の文字が ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

メンテナンス時間を確認すると、朝の7時まで・・・
てな訳で、1日遅れの更新なんですw

折角なんで、昨夜書いてた文面は破棄(笑)
また新たに書き起こしています。

だからって、うまい文章が書ける保証はありませんけど (○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

さて、本題に戻りましょうw

競秀峰は、成層凝灰岩の岩峰群が1.5キロにわたって連なる峰で
各岩峰が競いあうようにそびえることから、競秀峰と名付けられたそうです。

その競秀峰の裾野に掘られた洞門が、青の洞門なのです。

紅葉時の競秀峰は美しく、観光客で賑わうのですが
一般的に、青の洞門に紅葉を見に行ったとは言っても
競秀峰の紅葉を見に行ったとは言わないのですw

たぶん、そう言うのは山登りが趣味な人だと思うのです。

もちろん、のらも前者なのです(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

そんな競秀峰の登り口は3箇所あるのですが、そのうちの一つが
青の洞門の駐車場にあるのです。




青の洞門1




青の洞門には、何度も来ているのですが
競秀峰の登山口には全く気が付きませんでした(^。^;)

今回、車を停めた目の前に登山口があったので
ロコにご飯を食べさせてる間に、ちょっとだけ登ってみようとw

実際、そんなに甘いモノではありませんでしたけど(笑)

石段を登って行くと、妙見窟350メートルと書いてありました。
350メートルならと、登りだすと・・・




青の洞門2




これがまた、結構険しいのですw
途中、青の洞門が作られるきっかけになった鎖場への道があるのですが
鎖場の壁面崩落のため通行止め。
そこまでの道も荒れるに任せ、道らしきものもありませんでしたw




青の洞門3




登山道の要所要所には、仏像が置かれています。
大分らしい光景です。




青の洞門4




引き返すことが嫌いなのらは、半分意地になって妙見窟へたどり着きました(笑)
もう、汗だくです・・・

途中、陣の岩へ500メートルと書いてある分岐がありましたが、
350メートルでへばりかけていたので、スルーw

後で調べると、そっちへ行くと別の鎖場があって
なかなか気合の入った、楽しそうな道でしたw




青の洞門5




妙見窟には、祠が2つと、仏像数体が安置されていました。
最初の目的地である、妙見窟に来たのだから
引き返したいところでしたが、登って来た石段は
かなり急な石段だったので、引き返す気になりませんw

たぶん、この道は青の洞門が出来る前のルートなんだろうと勝手に思って、
先へ進めば洞門の反対側へ行くと決めつけ進みました(笑)

途中、鬼面岩と書いてある分岐があったので鬼面岩へ。
しかし、そこは鎖もなくとても狭い両側断崖の岩場・・・
途中で写真も撮ったのですが、ビビりまくっていて使い物にならず(笑)

しかも、途中で挫折しましたw




青の洞門6




へたれたのらは、素直に展望台への道を進みましたw




青の洞門7




途中、道がよくわからなくなって、適当に歩いていたら出てきた場所。
どうも、展望台ではないようですw




青の洞門8




そして、なんとか展望台へ到着w
ここからだと、一番の難所であった鎖場や、車を停めた駐車場がよく見えます。




青の洞門9




分かりにくいので、鎖場をアップでw
昔は牛馬も通っていたというので、足場はもうちょっと広かったんでしょう・・・
今は、人間だけでもヤバいくらいに足場は崩壊しています。

数年前までは、通ることができていたらしいです。




青の洞門10




駐車場からの登山道とは比べ物にならないくらい
緩やかな道を下っていきます。




青の洞門11




出てきた場所は、やはり洞門の反対側でしたw
やっと下りてきたのらは、上から下まで汗でびっしょり・・・
ついでに、カメラものらも蜘蛛の巣まみれでした(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

ロコが待っているので、青の洞門を抜けて車へと戻ります。




青の洞門12




駐車場付近から見上げた鎖場。
上から見たほうが、高く感じますね。

この競秀峰ですが、明治27年にこの一帯が売りに出されたのです。
その時に、中津出身の福沢諭吉が、訳の分からぬ人間にこの場所を買われたら
今後この景観が破壊されるかもしれないと、私財を投げ打って購入したのだそうです。

景観保護のために買い取るって、今で言うナショナルトラストみたいです。
ナショナルトラストの先駆けですね。

更に1万円札が愛おしくなりましたよ(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ




青の洞門13




このままでは、のらの登山日記になってしまうのでw

青の洞門は、昔は樋田の刳り抜きと呼ばれていたそうです。
青の洞門という名が定着し始めたのは
大正12年の尋常小学校の国語の教科書で青の洞門と書かれていたりしたこと。

決定的なのは、昭和17年に大分県の史跡指定で青の洞門と登録されたことみたいです。




青の洞門14




こんな大きなトンネルを手掘り?
な訳無いですねw

青の洞門は、明治39年から40年にかけて日出生台演習場に車両が移動できるよう
大改修されて大部分が破壊されているのです。
このトンネルはバスだって通れます。




青の洞門15




現在残っている、禅海和尚の手掘り跡。
右に見える明るい部分は、明かり取りのために開けられた穴です。




青の洞門16




明かり窓から、山国川を眺めるロコ。

青の洞門は、諸国巡礼の旅の途中に耶馬溪に立ち寄った禅海和尚が
鎖場の難所を通行人が避けて通れるよう、1735年より30年あまりかけて掘った
全長342メートル、トンネル部分144メートルの洞門なのです。




青の洞門17




1735年と言うと、江戸時代です。
将軍は徳川吉宗だと思います・・・w

1750年には、第一期工事が完了します。
第一期工事の費用は、禅海和尚が托鉢で集めています。

その後の費用は、通行人から
人4文、牛馬8文の通行料を取って工事に充てています。




青の洞門18




後ろ姿が、妙にかわいいロコたん♡




青の洞門19




禅海和尚が掘った時はどうだったのか分りませんが
今のトンネルは、3箇所です。

あ、私達は、中津側・・・
のらが競秀峰巡りで下山した方面から歩いてます(;´∀`)




青の洞門20




観光客が見れる、禅海和尚の手掘り跡は2箇所なんですが
駐車場の近くの手掘り跡は、2年前?の九州北部豪雨で被害を受け
現在は見ることが出来ません。

それ以外の部分は・・・
探せばあるものですね(笑)
荒れてはいるのですが、切り開いた跡を見つけました。




青の洞門21




両側が切り通しのようになっていて、その先の岩を掘った跡がありました。
岩の先は崩れていて進めませんでしたけど。

ここが一番、当時のままっぽかったな。




青の洞門22




現在、復旧作業中です。
完全復旧には、もうちょっとかかるみたいです・・・

今回、競秀峰を半分楽しんだので
次は全部楽しみたいと思います。

もちろん、もっと涼しくなってからですけどねw




青の洞門23




大分からの帰り道、筑後平野から見た夕暮れです。
ちなみに、翌日は台風の予報でした(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ









ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?












追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/18】 | 大分県 トラックバック(1) |


エム
そう、そーなのロコ! 
朝7時までメンテナンス中…。ずこー。凹むわ!
ならばそれまで寝るか…ちうて寝坊よ!!
まるで夕暮れ、絵はがきみたいよ!!!

エムしゃん
のら
いや~、あのメンテ。
まじで凹んだ(笑)
出だしの文章考えて書いてさぁ
画像アップしようとすると、メンテだもんw

夕暮れキレイやろ?
翌日、台風が来るって言ってたのにこの夕暮れだしw
まぁ、台風関係無かったけどクス(・m・*)クス


コメントを閉じる▲
~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

以前の記事、富くじの道で紹介した鏡ヶ池。
そこに鏡を投げ入れたのが、愛しい人を追いかけてきた小松女院でした。

鏡ヶ池に投げ込まれた鏡は侍女11人の分もあるので、全部で12枚。
あの時の画像では、そのうちの1枚が見えてます。

日によって、底の砂が動くので見える枚数は違うのだそうです。
とは言え、当時の物は3枚しか現存しておらず
今見ることができる鏡はレプリカなんですけどねw

今回は、その小松女院の恋の話です。




瀧神社1




時は平安の世。
清少納言の兄とも伝えられる、清原正高卿は笛の名手でした。
正高は帝から依頼されて宮中で笛を吹きます。

何度目かの宮中での演奏の際、どこからとなく琴の音が聞こえてきました。
正高は、その琴の音に合わせ演奏します。

演奏の後、琴の演奏者を聞くと
それは、醍醐天皇の孫である小松女院でした。

正高は、帝に小松女院との音合わせを願い出ます。
帝の了承を得て、正高は小松女院と向い合せで演奏することになります。

そうして何度も演奏するうち、お互いに恋心を抱くのです。




瀧神社2




帝に許しを得て面会していたとはいえ、恋心を抱くには身分違い。
二人の噂は、帝の耳に入ることになり
正高は、豊後の国玖珠へと飛ばされます。

小松女院は因幡の国へ・・・

ここで疑問に思ったのが、なぜ孫娘まで飛ばされたのかとw
いろいろ調べてみると、宮中で幽閉されていた説と
恋心レベルでなく、正高の子を出産して帝の怒りを買ったという話まで出てきました(笑)




瀧神社3




さて、話を戻しますw
豊後の国へ左遷された正高は、玖珠へ行く途中
現在の耶馬渓町で増水した山国川を渡れず足止めをくらいます。

その時、住民が崇めている神をきちんと祀るべきだと社殿を建てます。
その神社が狛カッパのある、耶馬渓最古の神社雲八幡宮なのです。

その後、正高は無事に玖珠へ入り郡領の矢野久兼の元に身を寄せます。




瀧神社4




一方の小松女院は、正高恋しさのあまり因幡を脱出、九州中部をさまよい
小国の町で泉に鏡を投げ入れ、正高との再開を祈願します。

この鏡の話にも別な説があり、鏡を投げ入れたのは
放浪の旅で疲れきった自分の顔を鏡で見て嘆き、投げ入れたとも言われています。

小松女院の一行は、小国から杖立方面へ。
下城で乳母が力尽き、亡くなります。
乳母を埋葬した場所に植えたのが、現在、下城の大銀杏と呼ばれる銀杏の木です。

この、下城の大銀杏もそのうち紹介しますねw




瀧神社5




小松女院はその後、やっとの思いで玖珠へたどり着きます。
そこで出会った木こりに、正高の事を聞くと・・・




瀧神社6




正高は、郡領 矢野久兼の娘婿となり、子供までいるとのこと。
それを聞いた小松女院は

笛竹の 一夜のふしと 知るならば
 吹くとも風に なびかざらまし
 と詠んで、三日月の滝に身をなげたのです。




瀧神社7




三日月の滝に身をなげた小松女院に続き、侍女たちも次々に身をなげます。

この話を聞いた正高は慌てて現場に行くものの、あとの祭り。
地元の人達と小松女院の亡骸を引き上げ、この地に祀ったのです。

と、この記事を書くために色々調べていたら
この嵐山瀧神社に小松女院は祀られているのですが
別に埋葬地というか、墓地があるとのこと
それも、瀧神社のちょっと奥だとw




瀧神社8




という訳で、今日、行って来ましたよ(笑)

小松女院の墓地は、瀧神社の右奥。
この灯籠の先にありました。




瀧神社9




灯籠が途切れる所に石碑と不自然に大きな木が。




瀧神社10




石碑には瀧宮碑と書いてあったので、違ったのかと思いましたが・・・




瀧神社11




その後にちゃんとありました。
正面からだと見えないんですよw




瀧神社12




今日の三日月の滝は、大増水w
最初の画像は、台風が来る前日のもの。

それでも、その前に降っていた雨で普段よりは水量が多かったのです。

今日は台風の後に降った雨でこの状態。




瀧神社13




川幅いっぱいに水が流れていて下に降りることは出来ませんw




瀧神社14




虫には詳しくないので、このトンボがなんという名前か分りませんが
小松女院の墓地に行く灯籠周辺に沢山いて
コレまた黒い羽を広げてトンボのようにではなく
蝶のように舞うもんで、侍女たちの生まれ変わりかと思ってしまったのです(笑)




おまけ・・・



瀧神社15




仕事をやり遂げた男のくつろぎタイムw












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?





















追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/14】 | 大分県 トラックバック(0) |
~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

台風が近づいている九州地方です。
コレを書いてる今現在、福岡は落ち着いてますけどねw

さて、サマージャンボを買ってもないのに、
小国町で宝くじ当選祈願をした後は、山鹿市菊鹿へ。

目的地は、岩隈山の切り通しです。
たぶん、場所は分かりにくいと思います。

山鹿市の市街地から国道325号を菊池方面へ。
鹿本あたりで県道9号と交差するので、左折して県道9号へ。
程なく県道196号との分岐点があるので、県道196号へ。
そのまま走っていると、左側に松尾神社が見えてきます。




松尾神社




この松尾神社を左折して、ゆっくり進むとお寺があります。
そこを右折すると・・・




切り通し1




岩隈山の切り通しに遭遇できます(笑)
これは一旦、通りすぎて振り返って撮った画像ですがw




切り通し2




苔むした切り通しにロコのテンションも上がり気味w




切り通し3




そう、切り通しは山を削って作るのです。
トンネルの技術が未熟だった頃は、切り通しが主流だったのです。
この切り通しは、昭和の初期に作られたもの。




切り通し4




今では通る人も少ないので、ロコもノリノリで歩きます。




切り通し5




やる気モードのロコは、ほんとに黙々と歩くのです(笑)




切り通し6




前方から何かが来ているようです。




切り通し7




前方から来たのは、車でしたw
やり過ごしてロコを自由にすると、何を勘違いしたのか車を追いかけていきます。




切り通し8




かなり近くまで行って、勘違いに気づくロコ(笑)




切り通し9




切り通しの窪みには、石仏が置かれていました。




切り通し10




どれも同じような写真しか撮れなかったので、
これだけしかアップしてないのですけど
ここはロコも気に入ったらしく、何度も往復してたのですw









ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?










追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/10】 | 熊本県 トラックバック(0) |


アランの主
壁面の苔の緑がすばらしいですね!
画面からひんやりした空気まで伝わってきますです。

ロコたんはPeugeotに乗って各地をまわっているんですね♪


エム
なるほど、おっちゃんはしゃがんで撮ってるんだ!
(今さら?)

アランの主さま
のら
ここはもう、一面苔だらけでw
思った以上に高さもあるので、初めて見るとびっくりしますよ~w

ちなみに、ロコたんは普段はボロい軽自動車で移動してます(笑)



エムしゃん
のら
うん・・・
いまさらだね(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

いつもしゃがんだり、寝そべったりして撮ってるのw

コメントを閉じる▲
~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

梅雨入りしてから雨がそんなに降らなかったのに、
ここに来てまとまった雨に見舞われている九州北部ですw

さて、今回は熊本県の小国町に行って来ました。




富くじの道1




今回のキーワードは宝くじです(笑)




富くじの道2




当たる努力ねぇ~w
ロコの顔がちょっと変なのは、フレーメン中だから・・・
もっとアップで撮りたかったのに、ズームが間に合わなかった(´・ω・`)




富くじの道3




色々あるって?w
神頼み以外に何があるか知りたいところですね。




富くじの道4




そんな訳で、小国町にある富くじの道へやって来たのです。
まずは、けやき水源で水神様にお願いですw




富くじの道5




石畳の道の先にケヤキの木が見えます。




富くじの道6




今回はお金が絡んでいるからか、積極的なロコさんです(笑)




富くじの道7




特別な呪文がある方が珍しいと思うけど・・・




富くじの道8




お賽銭は、黒い箱に入れるのですw




富くじの道9




水神様にお願いすることも大事ですが、ここはけやき水源。
このケヤキの木も見応えがあるのです。




富くじの道10




とにかくデカイw
横に広がってるので、魚眼レンズを使っても全体が収まらない・・・。




富くじの道11




しかも、根本は水源になっていて、浮いてる状態w
水の中がどうなってるのか知りたいのです。




富くじの道12




ケヤキには、根本付近に空洞があって中を通り抜けることも出来ます。
ちょっと大変ですけどね(笑)




富くじの道13




次に向かったのは、鏡ヶ池。




富くじの道14




ここも水源で水が綺麗。
投げ入れられた小銭がちょっと興ざめですが・・・




富くじの道15




鏡ヶ池には、2種類の説明書きがありました。
ひとつは、小松女院と清原正高公の悲恋の物語が書かれていて
もうひとつはコレでした。

この説明書きを読むと、あることに気が付きました。

それは、参拝の仕方です。

参拝の仕方によっては、富くじで一番くじを引き当てるだけでなく
更に金山まで発見できちゃうのですw




富くじの道16




鏡ヶ池の後は、昔の宝くじである富くじを販売していた、小国両神社へ。





富くじの道17




小国両神社には、大きな木がいっぱいです。




富くじの道18




階段の上には、立派な楼門が。




富くじの道19




けやき水源以降、出番がなかったロコさん
この捨て身の一発ネタも虚しく・・・(ノД`)シクシク




富くじの道20




楼門の先にある拝殿。
拝殿の裏に回ると、一段高いところに本殿があります。
そう、ここ小国両神社は拝殿と本殿がつながっていません。

拝殿の所にある御神籤は50円。
50円硬貨しか受け付けませんw
お約束のように、私の財布の中には50円硬貨はありませんでした・・・(笑)

とまぁ、この3箇所を詣でるのが小国の富くじの道なのですw

更に、この3箇所にはスタンプが用意されていて
専用の用紙に3箇所全てのスタンプを押して所定の場所に持って行くと
福銭を貸してくれます。

この福銭も宝くじ当選祈願には欠かせない物らしいですw

専用の用紙は、小国の道の駅や小国両神社などに置いてありますよ。

さて、あなたも小国で宝くじ当選祈願をしてみませんか?
と言う、私はまだサマージャンボを買ってもいませんが(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?













追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/07】 | 熊本県 トラックバック(0) |


やらいちょう
祈願しましたww
さぁ、サマージャンボを買わねば!


エム(買わないな…)
サマージャンボな季節なのになじぇココ、人がいないのニャーー⁉
のら氏よ、成果を報告するのじゃ。
(万が一高額当選したら、額をごまかすに違いなす)

やらいちょうさん
のら
高額当選するといいですねぇ(笑)


エムしゃん
のら
いやいや、それなりに人はいたのですよw
ロコが怖がるから、人がいない状態になるのを待つのです。

成果報告は・・・
今のところ何もない(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ


コメントを閉じる▲
~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

おかげさまで、脱走ネコのロコの傷はすっかり良くなり 
気になるのは、傷口がふさがった後にちょっと出来てる 
膿が溜まった小さな膨らみと、ハゲだけです(笑)

膿が溜まってる部分は小さいのですが、そのままにしておくか 
針などで穴を開けて絞りだすかは、思案中・・・

たぶん、そのままにしておくと思いますが・・・
だって、その部分から毛が生えだしてるしね(笑)

さて、前回までの麻底良布神社の記事を見た
この地域が地元の友人が、朝倉橘広庭宮跡が公園になっていると教えてくれました。

朝倉橘広庭宮跡は、今も確定されてないはずなのに
そこが公園になってる?

と、言う訳で行って来ましたw

朝倉橘広庭宮跡の公園は、それはそれは、とても分かりにくい場所にありましたw




朝倉橘広庭1




公園の所には、鳥居がありました・・・
でも、小さいと言うか、低いしw




朝倉橘広庭2




鳥居には、朝闇神社と書かれています・・・
ちょうあん?あさくら?あさやみ?

どうやら、あさくらと読むらしく
この辺りの地名でもある、朝倉はここから来ているとか・・・

そう言えば、昔聞いた覚えがあるなぁ
大分の日田に向かう時、ここを朝闇いうちに出発して
筑後川を遡るように歩いて行くと、夜が明ける頃に到着する場所が夜明w

日田に入る手前の地域を夜明と呼ぶのです(笑)
そして、日田に入るのだと・・・。

ホントかいな?(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ




朝倉橘広庭3




公園の案内板を見ると、宮跡は神社の上にあるようです。




朝倉橘広庭4




行く前から、怪しいとは思っていたのですがw
朝倉橘広庭宮は、一時的だったとはいえ遷都だったわけです。
遷都ということは、当時都にいた人達がみんなここに来たわけです。

それにしては、この辺りの地形は・・・




朝倉橘広庭5




この公園ができた理由は、近くに天子の森と呼ばれる遺跡があること
それから、朝闇神社近くから古い瓦などが出土していたことからのようですが
瓦などは、長安寺のものだったようですし
地形的に都を移すには不向であると思うのです。




朝倉橘広庭6




実際、今の一番有力な候補地は、麻底良山の麓あたりと言われています。
ちょっと、先走って作られちゃったようなのですw




朝倉橘広庭7




公園には、特に何もないので朝闇神社へ。




朝倉橘広庭8




一部、急な段差ではありましたが、神社までの階段がありました。




朝倉橘広庭9




朝闇神社のご祭神は、高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)。
通称、高木の神です。

神社の境内に来て、ロコが張り切って動き出しましたw
神社裏の崖のような所に登ってご満悦(笑)




朝倉橘広庭10




ドヤ顔でこちらを見るのですがw




朝倉橘広庭11




いや・・・
ちゃんと、拝殿の前からお話しましょうよw




朝倉橘広庭12




そうじゃなくてさぁw

この後、強制撤去されたロコは珍しく不満の声を出したのでした(笑)

朝倉橘広庭宮や、高木の神については、調べだすとキリがないくらい
面白い話が出てくるのですが、それについてはもう少し調べてからw

どちらかと言うと、もう一つのブログの吾輩はのらである向きかもな・・・

ま、機会があれば、こっちでも書こうと思いますw













ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?














追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/07/03】 | 福岡県 トラックバック(0) |


エム
闇…イコール暗い、で倉…? ぶつぶつ…
ところで九州地方は大雨な様子。
ロコたんの傷口に(雨音が)響かないとよいがのー。
お大事にねこー。

エムしゃん
のら
地名の由来についてのクレームは受け付けませ~ん(笑)

ロコの傷はもうふさがってるから大丈夫だよ
後は毛が生えるのを待つだけ~w


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。