上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいど(´・ω・`)

どうやら風邪をひいてしまったようです(ノД`)シクシク
熱っぽく、頭がボーっとしています。

そんな訳で、1回休みとさせていただきます。




米




復活したら、先日行って来た田染荘を紹介しますね~。
たぶん、2~3日で復活できると思います。



とりあえず、今回の更新はこんなのですが
いつも訪問して下さっている方々の所へは
気合いで訪問いたしますので~w













ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/27】 | ロコ便り トラックバック(0) |
まいど(´・ω・`)

今回は、久々の福岡ネタですw
ちょっと珍しい神社へ行って来ました。




鮭神社1




ここは、福岡県の嘉麻市。
とても珍しい鮭神社という、神社です。

日本に唯一と聞いていた(Wikipediaにもそう書いてある)のですが
調べてみると、島根県雲南市にもあるようですw




鮭神社2




神社でよくあるパターン・・・。
ロコはどうしても近寄ることが出来ないようでした(;・∀・)

仕方がないので、ロコは車の中へ。




鮭神社3




国道211号沿いに建っている、鮭神社の一の鳥居。
鮭神社は、一級河川である遠賀川の上流付近にあります。




鮭神社4




細い道を奥へと進んでいくと、二の鳥居。




鮭神社5




扁額には、鮭神社と書いてありますね。




鮭神社6




二の鳥居の階段を登ると境内です。




鮭神社7




そして、拝殿。
鮭神社の主祭神は、山幸彦こと彦火々出見尊。
その奥さんである豊玉姫命。
更に、その子供である鵜葺草葺不合命。




鮭神社8




だけど、元々は拝殿の扁額にもあるように
単純に鮭大明神こと、鮭の神様が祀られていたのだと思います。




鮭神社9




拝殿の中には、奉納品として鮭の剥製や




鮭神社10




鮭の魚拓などが飾られています。

昭和の初期には炭鉱の関係で汚れきっていた遠賀川。
ここに鮭神社があっても、鮭が遠賀川を遡上するなんて信じられていなかったそうです。

そんな遠賀川も炭鉱の閉山後、水質改善に取り組んだため綺麗になっていきます。
すると、昭和53年に遠賀川の下流で鮭が捕獲されたのです。
この魚拓の鮭は、その時の鮭だと思われます。

国道沿いの一の鳥居は、その時の記念に建てられたのだとか。




鮭神社11




そんな鮭神社の歴史は古く、769年に創建されたのだそうです。




鮭神社12




拝殿の彫刻にも鮭が。
鮭神社では、毎年12月13日に献鮭祭(けんけいさい)が行われ
五穀豊穣を祈ります。

この日は遠賀川で捕れた鮭が奉納されます。
遠賀川では、鮭の放流にも取り組んでいるのです。




鮭神社13




この地域の人達は、神の使いである鮭を食べないそうです。
ロコもしばらく鮭を食べなかったら、鮭神社の境内に入れるのかな?(笑)














ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?









追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/23】 | 福岡県 トラックバック(0) |
まいど(´・ω・`)

目的地が決まらず、悩みながらブラブラしていると
ついつい来てしまう場所があるのです。

それが、くじゅう高原。

阿蘇の北外輪山、ミルクロードの眺めも好きなんですけど
のんびりするなら、くじゅう高原なのです。

ちょっと入り込むと、素敵な場所が沢山あるのです。




お気に入りの1




その中でも、お気に入りの場所がここ。
久住高原グライダー滑空場。
以前にも紹介しましたねw

あの時は、冬でちょっと雨も降っていましたけど。




お気に入りの2




いつ来ても、何度来ても飽きない場所なのです。




お気に入りの3




特にこの久住高原グライダー滑空場は、車も殆ど通らないので落ち着きます。




お気に入りの4




平日にここを通るのは、酪農してる人くらいです。




お気に入りの5




滅多に通らないはずの車が・・・(笑)




お気に入りの6




滅多に来ないはずの車が、この日は沢山通って行きましたw




お気に入りの7




2トン車に、軽トラが結構なスピードで何度も往復していくのです。




お気に入りの8




運んでいたのは、刈り取られて丸められた牧草です。
何度も、何度も往復して運んで行く様は
まるでアリのようでした。




お気に入りの9




こんな天気の中、ここで遊んでいる私達は
差し詰め、キリギリスってとこでしょうか?

もうすぐ冬がやって来るしね(笑)












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?











追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/19】 | 大分県 トラックバック(0) |
まいど(´・ω・`)

扇田、大蘇ダムと回って、他に何かないかと考えたw
思いついたのがここだった。




小鳥塚公園1




南外輪山からの眺め。




小鳥塚公園2




そう、思いついたのは、ここ小鳥塚公園です。
最近になってできた公園です。




小鳥塚公園3




小鳥塚とは、この小高い丘のこと。
小鳥が沢山集まる場所だったから、そう呼ばれるようになったとか。




小鳥塚公園4




そんな小鳥塚には、馬頭観音像などが祀られていますが・・・。




小鳥塚公園5




メインはこちらw
最近になって、雑誌に載ったり、CMで使われたことで
有名になってきた
落ちそうで、落ちない石。




小鳥塚公園6




その名は、免の石。

小鳥塚公園から、阿蘇野風景を見ずに
鳥居の方を振り返ると見ることが出来ます。




小鳥塚公園7





免の石の下まで行くには、私有地を通るため
地元のガイドさんと行く必要があるのです。

そんな訳で出来た公園なんですねw

でも、ここから見るよりも、真下に行って見たほうが断然いいと思うのです。
たしか、ガイド料は往復コースで2,000円だったと思います。

最低催行人数は、2人からだったと思いますが・・・。

そんな中、ロコの姿が見えないでしょ?


 

小鳥塚公園8




直前までは、やる気満々だったロコですが
車から降りようとした、その瞬間
カップルがやって来て、結局そのまま降りることはありませんでした(笑)

免の石。
ガイド料を払わなくても見れる場所が
この小鳥塚公園です。

県道28号から入るのですが、お勧めは南阿蘇C.Cの方から入るルートです。
そっちの方が道が広いから(笑)

入口付近の目印は、交番ですよ~。












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?









追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/13】 | 熊本県 トラックバック(0) |
まいど(´・ω・`)

ダムというものは、川を堰き止め水を貯めるものです。
日本は世界でも有数のダム大国で、その技術は
世界的に評価が高いのだとか・・・。

そんな日本にも、失敗作というものが存在するのです。

最初にも言った通り、ダムは水を貯めるものです。
でも、水が貯まらない底抜けダムというものが、九州と北海道にあるのです。




底抜けダム1




ここは、熊本の産山村。
阿蘇の外輪山と九重連山の間のカルスト台地に作られたのが大蘇ダム。

昔から農業用水に困っていた、大分・熊本の県境に水を供給するために
1,979年に着工したダムです。

堤高は69.9メートル、堤頂長は262.1メートル。
立派なダムなんですけど、致命的な欠陥があるのです・・・。




底抜けダム2




この橋は、ヒゴタイ大橋。
大蘇ダムのダム湖を跨ぐ橋です。




底抜けダム3




そのヒゴタイ大橋から見た、大蘇ダムの堤体。
下にはダム湖が広がるはずでした。

でも、いつ来てみても水位はこんな感じ。




底抜けダム4




ちょっとした観光スポットになるはずだった、ヒゴタイ大橋の上もこんな感じ。




底抜けダム5




大蘇ダムの致命的な欠陥というのが、水が貯まらない事。
水を堰き止めても、周囲の土壌が水を吸い込んでしまうのです。

そこで、九州農政局が取った対策は
ダムの底や壁面にコンクリートを吹き付けて浸透するのを防ぐというものw

実際は、側面だけのようですが、見ての通り
堤体の周辺はコンクリートで固められています。




底抜けダム6




ヒゴタイ大橋から見た上流部。

現在も壁面にコンクリートを吹き付ける作業は続いています・・・。
当然、事業費は膨らんで行くわけです。

さて、それを誰が払うのか?
そんな訳で揉めてるようですw




底抜けダム7




まぁ、詳しく知りたい方は、「底抜けダム」とか「大蘇ダム」で検索してみてください。




底抜けダム8




ロコも乗り気ではなかったので、この話はこれくらいにしておきます(笑)

ホントはね、たくさん写真を撮って
この件について、たくさん語らせるつもりだったんだよねぇ~w

ま、世にも珍しい底抜けダムってことで覚えておいてね~(笑)












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?









追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/10】 | 熊本県 トラックバック(0) |
まいど(´・ω・`)

無駄を省く為にも、下調べをしようと思ったけれど・・・。
やっぱり、今回も思いつきで行動してました(;・∀・)w

シルバーウィークが終わっても、何だかんだで忙しい毎日。
ブログの更新だって、ままならないのに下調べなんて出来ません(笑)

10月に入って、最初のお休みは前日まで晴天だったのに
今日は曇り・・・。

天気予報では、晴れだって言ってたのに・・・。

どこへ行くか悩んだけれど、今日は熊本の産山村へ。
実りの秋だし、お気に入りの扇田へ行ってみました。




稲刈り1




行ってみると、扇田は稲刈りの真っ最中。




稲刈り2




前回、ブログにアップした扇田は水田でした。
ついこの間だった、気がするけどw




稲刈り3




棚田は、田植えも、稲刈りも上から順にやるみたいですね。




稲刈り4




扇田には、何度も来ていますが、稲刈りを見たのは初めて。
扇田は、棚田と言っても比較的広いので
コンバインを使うとは思っていましたが
刈り取るだけで、脱穀まではしないと思ってました。

棚田米と言えば、天日干しってイメージがあったもので・・・。




稲刈り5




でもまぁ、天日干しでなくても、綺麗な水で育った米は
文句なしに美味いでしょうね。

なにせ、米っていう物は水に浸かって育つのですから。

















ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?










追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/06】 | 熊本県 トラックバック(0) |
まいど(´・ω・`)

こう言う、お出かけ系のブログをやってると、
きちんと計画立てて、下調べなんかもやって出かけてると
思われがちですが、私の場合は違います。

かなりの確率で、ノープランですw

どこへ行くかも、何となくです。
行ってる途中で、見つけたり、思いついたりです。

なので、往復で300キロ以上走っても
ネタがひとつしか作れなかったりします。

かなり無駄にウロウロしているのです。
もっと、効率よく動かなければと思いながら、
思うだけで終わってます(笑)

さて、そんな流れで大分の国東半島へ出かけた日。
思いついた目的地が、季節的にまだ少し早く空振り・・・。

何か無いかとウロウロして辿り着いたのがここでしたw




行入ダム1




このダムは、国東市国東町にある行入ダム。
ぎょうにゅうと読みます。

行入ダムは、シビックデザインダム。
周囲の雰囲気に合わせた設計になっています。




行入ダム2




元々は横手川ダムと言う名前でしたが
地元の強い要望によって、行入ダムと名前が変更されています。




行入ダム3




公園内には、こんな川が作られていましたが
水は流れていませんでした。

結構、こういう公園ってありますよね?
ちょっと勿体ない。




行入ダム4




川だった所に入ったロコ。
彼の本当の目的は・・・。




行入ダム5




口元にご注目。
食べ損なった草がぶら下がってます(笑)




行入ダム6




後から知ったのですが、このすぐ下の淵は
カッパ淵と呼ばれていて、行入寺の住職がカッパを戒めたという話が残っているのだとか。




行入ダム7




そう言えば、すぐ近くにお寺があったなぁ・・・。
ここから徒歩で1分もかからない場所に。
多分、50歩も歩かないw




行入ダム8




そんなことは、全く知らない私達は堤体の上へ。
堤頂の長さは180メートル。

欄干は結構低い作りになってました。




行入ダム9




ダム湖周辺も公園として整備されています。
もっと上流には、パークゴルフ場もありました。




行入ダム10




ウッドデッキなんかもあって、デッキから堤体が見えるのかと思えば・・・。




行入ダム11




デッキには、こんなベンチが・・・w

行入ダムのダム湖、がーたろ湖では鯉が飼育されているらしいのです。




行入ダム12




何も見えませんでしたけど(笑)




行入ダム13




行入ダムについて、後から調べると
もっとネタになりそうな事もあった訳です・・・。

知ってれば、もっと面白いものになったかもしれない。

そう思って、今回のタイトルになったのでした。
でも、たぶんこれからも思いつきで動くでしょうけど(笑)











ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?









追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/03】 | 大分県 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。