上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww


11月も終わりに差し掛かった頃、福岡県の秘境とも言うべき矢部村に行って来ましたw

理由は簡単w
前回の陽目渓谷の紅葉に味をしめて、また紅葉の中のロコの写真を撮ろうと思ったからです(笑)

目指したのは日向神峡
思った通り、紅葉の真っ盛りでそれは美しい景色でした・・・

でもねぇ・・・
やっぱり、車から降りてって場所ではないんですよねぇ(´・ω・`)
それに、思ったよりも交通量が多かった・・・

昔は酷道って言われる国道も
今はちゃんとした国道になってしまってるからねぇw

そんな訳でw
日向神峡を通り過ぎ、矢部村の役場の手前で国道は右に曲がる所を
そのまま川沿いに直進・・・

もうこの時点で、のらの頭の中は
ロコの遊んでる写真を撮るって目的は消え去って
自分がいかに楽しんで車を転がすかに変わっていました(笑)

でも、そんな中で見つけてしまったのです・・・
そんなものが福岡にあるなんて、知りもしなかった・・・
それも、こんな山の奥に(´・ω・`)



良成親王1










自分がいかに楽しむかに目的が変わってしまっていたのらは
自分がまだ走ったことのない道
その先には林道が待っているであろうルートを選んだわけですw

まぁ、その先にはなんちゃら公園みたいなのがあるみただし
そこでなんとかなるんじゃね?的な発想でした(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

ところが!
その公園は今ひとつだったし
その先は通行止め・・・

どうも道路が崩壊してしまっていたようです
補修する気もないようで、フェンスで道路が封鎖されていました・・・




良成親王2




仕方なく来た道を戻り
公園の手前にあった交差点を曲がります・・・
そっちには、なんちゃら地蔵って案内標識があったからw
ところが、そっちも道路崩壊(笑)

通行止めにはなってなかったものの
道路の3分の2が崩壊したような道を先に進む気にはなりませんw

また、来た道を戻り
元の交差点へ・・・

交差点は十字路だったので、直進してみることに
だがしか~~~~し!w
その先は完全封鎖の工事中 ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

だったら、交差点に表示しとけよ~って
思いながら引き返すことに・・・

これで、完全に引き返さなきゃいけない自体に・・・

引き返しながら、途中の道にあった
なんちゃら親王がどうのって看板の方に行ってみる気になったw

それは来た道を戻るような方向で曲がった先にあったので
スルーした場所だけど、戻る形になれば
話は別だww

そして、辿り着いた先は
いわれのあるとか、自称とかではなく
きちんとした陵墓であった・・・





良成親王3






辿り着いた先は、良成親王陵墓・・・
南北朝時代の親王の墓であったのです





良成親王4





陵墓ではありますが、大杣公園として整備されていたので
ロコも大丈夫かなぁ?って思ったのですが
当のロコ本人が、どうしても陵墓に近づきたがらないので
今回は車の中で待機してもらうことにしました
あw大杣は、おおそまって読みます




良成親王5





ここに眠っているのは、良成親王
足利尊氏と争って、奈良の吉野に南朝を建てた後醍醐天皇の孫
後村上天皇の第七皇子とも、第六皇子とも言われる人です

良成親王・・・
よしなり、りょうせい、ながなりと読み方も様々です
この陵墓にあった説明の立て看板には、「りょうせい」とふりがなが打ってありましたが
ネットなどで調べると、ほとんどが「よしなり」という読みになっていました・・・





良成親王6





ちゃんと、宮内庁の名前もあります
ここには、ケダモノ禁止とは書かれてないですね(笑)




良成親王7





公園として整備されてるだけあって、紅葉がきれいな場所でした





良成親王8





ここに立ててあった、看板によると良成親王は
6歳で叔父の懐良親王の留守居役として大宰府に下向され
14歳で懐良親王から職位を譲られ、後征西将軍となって一時は光を放ったものの
その後は、北朝の勢力に押され
最終的には35,6歳でこの地で最後を迎えたようです




良成親王9





実際にはもっと近くに行けて、フェンス越しに
こんもりと盛られた土も見れるのですが
写真に撮ることは控えました・・・

撮ったらダメって事はないんでしょうけど
なんとなくねw




良成親王10






良成親王陵墓がある場所の地名は、上御側(かみおそば)・・・
良成親王の没後も従者達がこの地に留まり
その御霊を慰めてきたことが地名の由来と言われているそうです

陵墓なんて福岡にあるとは全く思ってもいませんでした・・・
調べてみると、宮内庁管理の陵墓は1都2府30県にわたってあるんだとか

そのうち、福岡にあるのは
この良成親王陵墓と勾金陵墓参考地・・・

勾金は参考地なので、宮内庁がきちんと認めた陵墓と言えるのは
良成親王陵墓だけなんですね

まさか、こんな山奥に・・・
それが正直な感想でした

皇子と言っても、南朝の皇子
南朝は敗れ去った方ですから、仕方ないのかもしれません・・・

そう考えると、太宰府左遷ごときで
怨霊と化したお人は・・・

い、いや、なんでもありませんよ~(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?




関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
自分がいかに楽しむかに目的が変わってしまっていたのらは
自分がまだ走ったことのない道
その先には林道が待っているであろうルートを選んだわけですw

まぁ、その先にはなんちゃら公園みたいなのがあるみただし
そこでなんとかなるんじゃね?的な発想でした(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

ところが!
その公園は今ひとつだったし
その先は通行止め・・・

どうも道路が崩壊してしまっていたようです
補修する気もないようで、フェンスで道路が封鎖されていました・・・




良成親王2




仕方なく来た道を戻り
公園の手前にあった交差点を曲がります・・・
そっちには、なんちゃら地蔵って案内標識があったからw
ところが、そっちも道路崩壊(笑)

通行止めにはなってなかったものの
道路の3分の2が崩壊したような道を先に進む気にはなりませんw

また、来た道を戻り
元の交差点へ・・・

交差点は十字路だったので、直進してみることに
だがしか~~~~し!w
その先は完全封鎖の工事中 ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

だったら、交差点に表示しとけよ~って
思いながら引き返すことに・・・

これで、完全に引き返さなきゃいけない自体に・・・

引き返しながら、途中の道にあった
なんちゃら親王がどうのって看板の方に行ってみる気になったw

それは来た道を戻るような方向で曲がった先にあったので
スルーした場所だけど、戻る形になれば
話は別だww

そして、辿り着いた先は
いわれのあるとか、自称とかではなく
きちんとした陵墓であった・・・





良成親王3






辿り着いた先は、良成親王陵墓・・・
南北朝時代の親王の墓であったのです





良成親王4





陵墓ではありますが、大杣公園として整備されていたので
ロコも大丈夫かなぁ?って思ったのですが
当のロコ本人が、どうしても陵墓に近づきたがらないので
今回は車の中で待機してもらうことにしました
あw大杣は、おおそまって読みます




良成親王5





ここに眠っているのは、良成親王
足利尊氏と争って、奈良の吉野に南朝を建てた後醍醐天皇の孫
後村上天皇の第七皇子とも、第六皇子とも言われる人です

良成親王・・・
よしなり、りょうせい、ながなりと読み方も様々です
この陵墓にあった説明の立て看板には、「りょうせい」とふりがなが打ってありましたが
ネットなどで調べると、ほとんどが「よしなり」という読みになっていました・・・





良成親王6





ちゃんと、宮内庁の名前もあります
ここには、ケダモノ禁止とは書かれてないですね(笑)




良成親王7





公園として整備されてるだけあって、紅葉がきれいな場所でした





良成親王8





ここに立ててあった、看板によると良成親王は
6歳で叔父の懐良親王の留守居役として大宰府に下向され
14歳で懐良親王から職位を譲られ、後征西将軍となって一時は光を放ったものの
その後は、北朝の勢力に押され
最終的には35,6歳でこの地で最後を迎えたようです




良成親王9





実際にはもっと近くに行けて、フェンス越しに
こんもりと盛られた土も見れるのですが
写真に撮ることは控えました・・・

撮ったらダメって事はないんでしょうけど
なんとなくねw




良成親王10






良成親王陵墓がある場所の地名は、上御側(かみおそば)・・・
良成親王の没後も従者達がこの地に留まり
その御霊を慰めてきたことが地名の由来と言われているそうです

陵墓なんて福岡にあるとは全く思ってもいませんでした・・・
調べてみると、宮内庁管理の陵墓は1都2府30県にわたってあるんだとか

そのうち、福岡にあるのは
この良成親王陵墓と勾金陵墓参考地・・・

勾金は参考地なので、宮内庁がきちんと認めた陵墓と言えるのは
良成親王陵墓だけなんですね

まさか、こんな山奥に・・・
それが正直な感想でした

皇子と言っても、南朝の皇子
南朝は敗れ去った方ですから、仕方ないのかもしれません・・・

そう考えると、太宰府左遷ごときで
怨霊と化したお人は・・・

い、いや、なんでもありませんよ~(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/01/11】 | 福岡県 トラックバック(0) |


エム
ホントだ! 2013の5月前はだいぶブランクあったのね。
ニャにか…あったのね。のら的に。
そして、確かに。おやまあ不定期…。
でも再開2013~はいいペースじゃないか!
ニャにか…あったのね。のら的に。
確かに定期的に更新してたブロガーさんがある日突然、ニャンの前振りもなくパタリと… ミステリー。
そしてスポンサーサイトーーーー。 ニャにか…(略)。
のら&ロコ、お互いばんがろうぜ!
そして今回も人の気配まるでなす! 穴場上手~~。

エムさん
のら
毎度ですw
そうなんです、だいぶブランクがあったのです
ニャにかあったのよ~ のら的に(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

不定期だった理由は、ネタを貯めることなく
その都度アップしちゃってたからw
そしてまぁ、色々と・・・(笑)

再開してそれなりに更新出来てる理由は
ネタを貯めこんでるから(笑)
それでも、先月、今月と
今ひとつネタが・・・(;´Д`)

そうねぇ・・・
ある日、突然ぱったりと更新されなくなったブログ・・・
のらのリンク先にも実は多かったりw

みなさん、色々とニャにかあるんでしょうねぇ(笑)

でも、のらは続けますよ~
もう、放置はしませんよ~
目的と使命を持って再開したんですからぁ(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

そして、今回の場所
こんな山の中だと、やっぱり人はいねぇww
ヘタレのロコたんは、人がいるとダメだからぁ(笑)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ホントだ! 2013の5月前はだいぶブランクあったのね。
ニャにか…あったのね。のら的に。
そして、確かに。おやまあ不定期…。
でも再開2013~はいいペースじゃないか!
ニャにか…あったのね。のら的に。
確かに定期的に更新してたブロガーさんがある日突然、ニャンの前振りもなくパタリと… ミステリー。
そしてスポンサーサイトーーーー。 ニャにか…(略)。
のら&ロコ、お互いばんがろうぜ!
そして今回も人の気配まるでなす! 穴場上手~~。
2014/01/11(Sat) 23:52 | URL  | エム #-[ 編集]
エムさん
毎度ですw
そうなんです、だいぶブランクがあったのです
ニャにかあったのよ~ のら的に(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

不定期だった理由は、ネタを貯めることなく
その都度アップしちゃってたからw
そしてまぁ、色々と・・・(笑)

再開してそれなりに更新出来てる理由は
ネタを貯めこんでるから(笑)
それでも、先月、今月と
今ひとつネタが・・・(;´Д`)

そうねぇ・・・
ある日、突然ぱったりと更新されなくなったブログ・・・
のらのリンク先にも実は多かったりw

みなさん、色々とニャにかあるんでしょうねぇ(笑)

でも、のらは続けますよ~
もう、放置はしませんよ~
目的と使命を持って再開したんですからぁ(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

そして、今回の場所
こんな山の中だと、やっぱり人はいねぇww
ヘタレのロコたんは、人がいるとダメだからぁ(笑)
2014/01/15(Wed) 01:18 | URL  | のら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。