上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

前回の記事の最後でお願いした、緊急災害時動物救援本部を
提訴する為の署名ですが、現在集まっている署名は1200名程度のようです。

賛同してくださった方、ありがとうございます。

ですが、正直なところ、思ったほど集まってないなぁって言うのが
私の感想です・・・。

まぁ、そんなものかもしれませんねw


さて、それでは前回の続きです。
奥の院に行くことを拒否していたロコでしたが、
強制的に奥の院へw




黒岩稲荷18




横参道を出てきた所の鳥居。
額束に書かれている文字は、玄黄院大明神。
調べてみましたが、分かりませんでした・・・(´・ω・`)




黒岩稲荷19




奥の院へ行く途中の右側はこんな感じ。
左側は、写す価値なし(笑)

移動の途中、あのおじさんがバイクに乗って登場w
でも、そのまま走り去って行きました。




黒岩稲荷20




奥の院に到着です。
奥の院と言っても、歩いて1,2分の距離ですw
山に登る必要もありません。




黒岩稲荷21




奥の院も、横参道、表参道があります。
黒岩稲荷から来ると、横参道から入る形になるのです。




黒岩稲荷22




こちらが黒岩稲荷の奥の院。




黒岩稲荷23




黒岩玄光院と書かれています。
黒岩稲荷の横参道の鳥居に書かれていたのは、玄黄院。
げんこういんと、どちらも読めるけど・・・




黒岩稲荷24




ちなみにこちらが、奥の院の表参道です。
参道といっても、階段が数段あるだけですけどねw




黒岩稲荷25




こちらは、奥の院の拝殿から本殿の方に回り込んだ所。
祠が並んでいます。

奥の院の本殿は、洞穴なんです。




黒岩稲荷26




本殿の裏にも祠がいくつも・・・

奥の院にも来れたので、満足して帰ることにw
来た道を戻って行くと、ロコが黒岩稲荷の横参道の隣にある
車で登れる参道を登り出しますw




黒岩稲荷27




当たり前のように、黒岩稲荷に戻って来たロコ(笑)
ところが、ここでまたバイクに乗っておじさんが再登場w

せっかく戻ったロコでしたが、早々に退散することになりました(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ


黒岩稲荷の由緒書によると、平家一門の慈禅尼という人が
京都を去る時に、平家の武運長久を伏見稲荷に祈願して
その分霊を受けて西下したが、壇ノ浦で平家は敗北。
慈禅尼は密かに逃れて太宰府周辺の山や筑後の高良山などをさまよい
この場所に来て岩穴で霊を祀ったのが始まりとされています。

ネットで調べたら、筑後十社稲荷の一つと書かれていました。
筑後十社稲荷で調べると、高良山の大学稲荷がその筆頭と出てきましたが
その他の稲荷神社については、見つけることができませんでした・・・。




黒岩稲荷28




こちらは、黒岩稲荷の一の鳥居。
今もちょっとだけ残っている、旧参道にあります。
時代は違いますが、旧参道も一の鳥居も社殿も
久留米藩の寄進で作られているのです。












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?








関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
横参道を出てきた所の鳥居。
額束に書かれている文字は、玄黄院大明神。
調べてみましたが、分かりませんでした・・・(´・ω・`)




黒岩稲荷19




奥の院へ行く途中の右側はこんな感じ。
左側は、写す価値なし(笑)

移動の途中、あのおじさんがバイクに乗って登場w
でも、そのまま走り去って行きました。




黒岩稲荷20




奥の院に到着です。
奥の院と言っても、歩いて1,2分の距離ですw
山に登る必要もありません。




黒岩稲荷21




奥の院も、横参道、表参道があります。
黒岩稲荷から来ると、横参道から入る形になるのです。




黒岩稲荷22




こちらが黒岩稲荷の奥の院。




黒岩稲荷23




黒岩玄光院と書かれています。
黒岩稲荷の横参道の鳥居に書かれていたのは、玄黄院。
げんこういんと、どちらも読めるけど・・・




黒岩稲荷24




ちなみにこちらが、奥の院の表参道です。
参道といっても、階段が数段あるだけですけどねw




黒岩稲荷25




こちらは、奥の院の拝殿から本殿の方に回り込んだ所。
祠が並んでいます。

奥の院の本殿は、洞穴なんです。




黒岩稲荷26




本殿の裏にも祠がいくつも・・・

奥の院にも来れたので、満足して帰ることにw
来た道を戻って行くと、ロコが黒岩稲荷の横参道の隣にある
車で登れる参道を登り出しますw




黒岩稲荷27




当たり前のように、黒岩稲荷に戻って来たロコ(笑)
ところが、ここでまたバイクに乗っておじさんが再登場w

せっかく戻ったロコでしたが、早々に退散することになりました(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ


黒岩稲荷の由緒書によると、平家一門の慈禅尼という人が
京都を去る時に、平家の武運長久を伏見稲荷に祈願して
その分霊を受けて西下したが、壇ノ浦で平家は敗北。
慈禅尼は密かに逃れて太宰府周辺の山や筑後の高良山などをさまよい
この場所に来て岩穴で霊を祀ったのが始まりとされています。

ネットで調べたら、筑後十社稲荷の一つと書かれていました。
筑後十社稲荷で調べると、高良山の大学稲荷がその筆頭と出てきましたが
その他の稲荷神社については、見つけることができませんでした・・・。




黒岩稲荷28




こちらは、黒岩稲荷の一の鳥居。
今もちょっとだけ残っている、旧参道にあります。
時代は違いますが、旧参道も一の鳥居も社殿も
久留米藩の寄進で作られているのです。












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?








関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/05/30】 | 福岡県 トラックバック(0) |


エム
署名1200人かあ(当然シたわよ!!)。
万単位でもいいくらいなのに、確かに少ない…。
そして他でもこの呼び掛けを見ていない… というのも、
やはり「義援金の不正流用」のフレーズは支援者の気持ちに不信な後味を残して、「寄付金募集」のフレーズにブレーキがかかりそうだから、リンクにも抵抗あるのかも(あたしも…)。
こうした問題が公になると、正しく活動してる団体にも必ず影響するのよ!
善人が増える社会を祈って、ロコ!



たぁーこ
私も署名させていただきました。
このような不正な団体があることがとても悲しい。
私の知り合いの方たちはそれはまじめに保護活動をされてます。エムさんのおっしゃる通り正しく活動されてる団体に悪影響しなきゃいいですね(涙)

エムしゃん
のら
なるほど・・・
そうかもしれないねぇ(´・ω・`)

でも、だからと言って放置しておくことも問題・・・
難いね(´・ω・`)

そんな訳で、今日宝くじを買ってきた(笑)
当たるように祈っててw



たぁーこさん
のら
エムしゃんが言うようなことは、全く考えて無かったのですw
彼女のコメントを見て、そういうこともあるんだなぁと・・・

やっぱり、こういう問題は色々と大変ですねぇ。
どうしたもんだか・・・(´・ω・`)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
署名1200人かあ(当然シたわよ!!)。
万単位でもいいくらいなのに、確かに少ない…。
そして他でもこの呼び掛けを見ていない… というのも、
やはり「義援金の不正流用」のフレーズは支援者の気持ちに不信な後味を残して、「寄付金募集」のフレーズにブレーキがかかりそうだから、リンクにも抵抗あるのかも(あたしも…)。
こうした問題が公になると、正しく活動してる団体にも必ず影響するのよ!
善人が増える社会を祈って、ロコ!
2014/05/31(Sat) 23:57 | URL  | エム #-[ 編集]
私も署名させていただきました。
このような不正な団体があることがとても悲しい。
私の知り合いの方たちはそれはまじめに保護活動をされてます。エムさんのおっしゃる通り正しく活動されてる団体に悪影響しなきゃいいですね(涙)
2014/06/04(Wed) 00:49 | URL  | たぁーこ #-[ 編集]
エムしゃん
なるほど・・・
そうかもしれないねぇ(´・ω・`)

でも、だからと言って放置しておくことも問題・・・
難いね(´・ω・`)

そんな訳で、今日宝くじを買ってきた(笑)
当たるように祈っててw

2014/06/04(Wed) 02:03 | URL  | のら #-[ 編集]
たぁーこさん
エムしゃんが言うようなことは、全く考えて無かったのですw
彼女のコメントを見て、そういうこともあるんだなぁと・・・

やっぱり、こういう問題は色々と大変ですねぇ。
どうしたもんだか・・・(´・ω・`)
2014/06/04(Wed) 02:06 | URL  | のら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。