上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~~・-y(・ω´・○)ヨッ!毎度!?ww

昨夜、ブログを更新しようとしてPCを立ち上げたが
その後の記憶が全くない・・・ (´・ω・`)

気づいたら朝だった(笑)

しかも、しっかり布団で寝てたw

今夜は記憶を失わずに更新できるといいのだが・・・


麻底良布神社に行った後、麻底良布の神のことが気になって頭から離れませんw
どうしてそんなに気になるのかというと・・・

麻底良布神社に行く前に立ち寄った神社は恵蘇八幡でした。
恵蘇八幡には、斉明天皇の御殯斂地があるのです。

そして、斉明天皇の死に関係しているのが、麻底良布の神。

斉明天皇は、百済支援の為に朝倉橘広庭宮に遷宮をします。
朝倉橘広庭宮は、場所ははっきりとは分かっていないのですが
恵蘇八幡の周辺にあったようです。

その朝倉橘広庭宮を作るために、朝倉山の木を切り払ってしまったため
神の怒りに触れ、御殿は雷により破壊されます。

更に、宮の中に鬼火が現れ、宮中に病人や死人が出るのです。

最後には、斉明天皇も命を落とすことになるのです。
中大兄皇子は、斉明天皇の遺体を恵蘇八幡のある場所に仮安置し喪に服します。

その後、斉明天皇の遺体を磐瀬宮に移すのですが、
その様子を朝倉山の上から鬼が大笠を着て見ていたというのです。

これは冗談ではなく、日本書紀に書かれていることなんです。

日本書紀といえば、国が作った正式な歴史書です。
そんな歴史書に、鬼が出て~、雷落として
斉明天皇を呪い殺して~って書いているのだから驚きですw

その朝倉山が麻底良山。
雷を落とした神が、麻底良布の神と言われています。

斉明天皇の御殯斂地を見た後に、予期せず麻底良布神社に行ってしまった・・・
これはやっぱり、呼ばれたんじゃないかと(笑)

呼ばれちゃったのに、子狛犬のオシリの写真を撮って帰っちゃった訳です・・・
なんて、失礼な奴でしょうw




麻底良布神社7




そんな訳で、ロコを病院に連れて行った後に麻底良布神社へやって来ました。
ロコの傷はかなり良くなっていたのですが、さすがに山へは・・・w
なので、ロコは車の中でお留守番です。




麻底良布神社8




下宮の裏は柿畑。
とりあえず、柿畑の中にある道を登っていきます。




麻底良布神社9




柿畑を抜けると、里山らしさが出てきますw
麻底良山は標高300メートル位の山なので、かる~い気持ちで登っていたのですが・・・

思った以上にきつかった(笑)
7キロのロコを担いで登ってたら、ほんとやばかったかも(^。^;)

麻底良布神社には、下宮だけでなく、中宮までありました。

そして、ヒイヒイ言いながら山頂にたどり着くと。




麻底良布神社9-1




こちらが、麻底良布神社の本宮です。
山頂にあるので、痛みが激しい・・・

とりあえず、ご挨拶をして下山します。




麻底良布神社10




車の中にいて、周囲の雰囲気にも慣れたのか
戻ってくるとロコが待っていましたとばかりにウロウロw




麻底良布神社11




石段は山頂の所にあったよ~
それよりも、あんまり草ばっかり食べるんじゃないよw




麻底良布神社12




とまぁ、かっこ良くキメたロコでしたが
この後、草の食べ過ぎでこの場でリバース・・・

ロコはしまった~って顔をして車の中へ。
駐車場とは言え、鳥居をくぐった所にあるので神社の敷地内。
神社の敷地に汚物を残していく訳にも行かないので
ティッシュで拭きあげて、水を流して浄めます。

で、終わったよ~と車に戻ると・・・




麻底良布神社13




ロコが神妙な声を出して怯えるようにしていましたw
今までどこで吐こうとしれ~っとしてたのに・・・

その姿に笑ってしまったのです。
でもね、ロコは私の後ろを見ながら神妙な声を出してたんですよ。
もしかして、私の後ろに麻底良布の神がいたのかもねw




麻底良布神社14








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?









関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
そんな訳で、ロコを病院に連れて行った後に麻底良布神社へやって来ました。
ロコの傷はかなり良くなっていたのですが、さすがに山へは・・・w
なので、ロコは車の中でお留守番です。




麻底良布神社8




下宮の裏は柿畑。
とりあえず、柿畑の中にある道を登っていきます。




麻底良布神社9




柿畑を抜けると、里山らしさが出てきますw
麻底良山は標高300メートル位の山なので、かる~い気持ちで登っていたのですが・・・

思った以上にきつかった(笑)
7キロのロコを担いで登ってたら、ほんとやばかったかも(^。^;)

麻底良布神社には、下宮だけでなく、中宮までありました。

そして、ヒイヒイ言いながら山頂にたどり着くと。




麻底良布神社9-1




こちらが、麻底良布神社の本宮です。
山頂にあるので、痛みが激しい・・・

とりあえず、ご挨拶をして下山します。




麻底良布神社10




車の中にいて、周囲の雰囲気にも慣れたのか
戻ってくるとロコが待っていましたとばかりにウロウロw




麻底良布神社11




石段は山頂の所にあったよ~
それよりも、あんまり草ばっかり食べるんじゃないよw




麻底良布神社12




とまぁ、かっこ良くキメたロコでしたが
この後、草の食べ過ぎでこの場でリバース・・・

ロコはしまった~って顔をして車の中へ。
駐車場とは言え、鳥居をくぐった所にあるので神社の敷地内。
神社の敷地に汚物を残していく訳にも行かないので
ティッシュで拭きあげて、水を流して浄めます。

で、終わったよ~と車に戻ると・・・




麻底良布神社13




ロコが神妙な声を出して怯えるようにしていましたw
今までどこで吐こうとしれ~っとしてたのに・・・

その姿に笑ってしまったのです。
でもね、ロコは私の後ろを見ながら神妙な声を出してたんですよ。
もしかして、私の後ろに麻底良布の神がいたのかもねw




麻底良布神社14








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?









関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2014/06/28】 | 福岡県 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。