芋洗谷ダム ダム穴を持つ日本初の重力式アーチダムと云うけれど・・・。

4 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいど(´・ω・`)

さて、前回からの続きです。
色々ありながらも、やっと姿を見ることが出来た芋洗谷ダム。




芋洗谷ダム10




喜び勇んで堤頂へ。




芋洗谷ダム11




ご覧の通り、堤頂は狭く幅は1メートルほど。
ロコを無理矢理連れてこなくて良かった(;´∀`)




芋洗谷ダム12




堤頂から見たダム湖です。
雨で増水して川のように水が動いていました。

で、お目当てのダム穴はというと・・・。




芋洗谷ダム13




堤頂に入ってすぐの所にありました。




芋洗谷ダム14




あの衝撃の海外のダム穴の規模からすると
ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?
なんですが・・・(笑)




芋洗谷ダム15




それでも正真正銘ダム穴です。




芋洗谷ダム16




運良く、工事のためにダム穴の上を通る通路の扉が開いてましたw
規模は小さいですけど、上から見るとやっぱりゾクッとします。




芋洗谷ダム17




ダム穴から流れ出た水は、堤体の下から流れ出ます。
堤頂を渡って、下へ降りてみます。




芋洗谷ダム18




堤高は、25.5メートル。
日本で初めての重力式アーチダムと言われています。
1930年(昭和5年)4月に完成しています。

左側のゴミの山は、吐水口付近に溜まったゴミが上から排出された物のようです。




芋洗谷ダム19




これが、上から流れてきた水の出口です。
周囲が白飛びしているのは、出口が写らないので露出を調整したからw

勢い良く落ちてくるので、風と水煙が結構ありました。




芋洗谷ダム20




堤頂長は、69.7メートル。




芋洗谷ダム21




ダム湖の中央付近にある、これが気になりましたが、何かは不明(´・ω・`)









一応、動画を撮ってみました。
芋洗谷ダムの件を2回に分けた理由はコレなんです。

アップに思った以上に時間がかかってしまったからなのです(笑)

目玉であるダム穴は、朝顔型洪水吐水口と言うのだそうです。
このタイプは、九州で唯一。

ダム穴の形状は違いますが、同じ宮崎にダム穴のある日南ダムがあります。
いつか紹介しますねw




芋洗谷ダム22




帰りは堤頂近くにあったこの階段を登って帰りました。




芋洗谷ダム23




上がってきた所には、こんな空き地があって・・・。
そのすぐ先に、あの小型のミキサー車が停まってました ( ̄□ ̄;)!!

芋洗谷ダムは、近代土木遺産 現存する重要な土木構造物2000選(現在は2800選)に
選定されているということだったので、調べてみました。

だって、日本初の重力式アーチダムなのに
土木遺産になっていなくて、2000選に選定されているだけって変だからw

そしたら、衝撃の事実が・・・。

そこにあった一言は
ダム年鑑に従って、重力式アーチダムと記述していたが
単なる曲線重力式ダムである可能性大と・・・。

まぁ、ダム穴が目的だったのでどうでもいいんですけどね(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ











ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
ページトップ