上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいど(´・ω・`)

高千穂に芋洗谷ダムを見に行った翌日のこと。
前日に結構な距離を走っているので、この日は福岡県内をウロチョロ。

ふと目に止まった雷山神籠石という案内看板を見て、行き先が決まりました。
その案内看板が、え?こんな所から行けるんだ?ってところにあったから(笑)

しかし、これはやっぱり罠でしたね。
なぜなら・・・。




雷山1




こんな道になっちゃったからです(笑)
途中で引き返せばいいのでしょうが、意地になって登って来ました。

目的の場所近くは比較的綺麗に整備されてましたねw




雷山2




2日連続で悪路で揺られたロコ。
この日は張り切って車から降りました。
もう、乗って居たくなかったのかもね(笑)




雷山3




車から降りたロコは、たいした道草もせず、神籠石の方へ。
案内看板が見えているのか?w




雷山4




と思ったら、どんどん来た道を戻っていきます(笑)




雷山5




そのままどんどん戻ってしまいそうな勢いだったので軌道修正。




雷山6




神籠石までの入口に戻されたロコさん。




雷山7




上手いことあっち向き、こっち向きしてくれましたね(笑)




雷山8




で、ちょっと促してやると行く道が分かったようです。
山の中ですが、神籠石までは平坦な道です。




雷山9




そして現れた雷山神籠石。
雷山神籠石は、雷山と井原山の間に作られた東西300メートル、
南北700メートルほどの山城の跡と言われています。

これは北水門を内側から見た状態。




雷山10




反対側はこんな感じ・・・。
って、ちゃんと撮れてる写真がなかった(;・∀・)

ロコを連れてる上に、こっち側は谷になってたので腰を据えて撮ることが出来なかったの。




雷山11




神籠石って何なの?って思うでしょ?w
神籠石とか、神籠石式山城とか呼ばれてるんだけど
日本書紀、続日本後記には載っていない山城跡のことなのです。

でも、山城ではなく神域との境に作られた祭祀の跡との説もあります。

こうした神籠石は、北部九州に10箇所、瀬戸内沿岸に6箇所確認されています。
作られたのは7世紀初期で、大和朝廷が白村江の戦いで敗れた後に作られたとされています。

でも、私はそうではなく、大和朝廷以前に作られていたと思います。
まぁ、理由は色々とあるのですよ(笑)

でも、ここで語れば長くなるし、ブログの趣旨が変わってしまうのでやめときますw




雷山12




昔は先程の水門で作られていたであろう山上の池は、現在の技術で別の溜池にw
この溜池の上流に南水門がありました。




雷山13




こちらは崩れてしまっていますが・・・(笑)
もう1箇所。




雷山14




こっちなら、加工された石がはっきりと分かりますね。
南水門は、2箇所の導水口で水量を調節していたようです。




雷山15




南水門近くから見た現在の池。
とても静かでいい雰囲気でしたよ。




雷山16




帰りは雷山の方へ。
こっちの道は快適でした(笑)
すぐに舗装された林道に出ましたしね。




雷山17




何かたいして面白くもなく、きちんとした解説もできていない今回のネタ。
書きたいことは山ほどあるんだけどねぇ・・・(笑)




雷山18




神籠石、興味がある人はググってみてください。
誰もググらんやろうけど(笑)












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
目的の場所近くは比較的綺麗に整備されてましたねw




雷山2




2日連続で悪路で揺られたロコ。
この日は張り切って車から降りました。
もう、乗って居たくなかったのかもね(笑)




雷山3




車から降りたロコは、たいした道草もせず、神籠石の方へ。
案内看板が見えているのか?w




雷山4




と思ったら、どんどん来た道を戻っていきます(笑)




雷山5




そのままどんどん戻ってしまいそうな勢いだったので軌道修正。




雷山6




神籠石までの入口に戻されたロコさん。




雷山7




上手いことあっち向き、こっち向きしてくれましたね(笑)




雷山8




で、ちょっと促してやると行く道が分かったようです。
山の中ですが、神籠石までは平坦な道です。




雷山9




そして現れた雷山神籠石。
雷山神籠石は、雷山と井原山の間に作られた東西300メートル、
南北700メートルほどの山城の跡と言われています。

これは北水門を内側から見た状態。




雷山10




反対側はこんな感じ・・・。
って、ちゃんと撮れてる写真がなかった(;・∀・)

ロコを連れてる上に、こっち側は谷になってたので腰を据えて撮ることが出来なかったの。




雷山11




神籠石って何なの?って思うでしょ?w
神籠石とか、神籠石式山城とか呼ばれてるんだけど
日本書紀、続日本後記には載っていない山城跡のことなのです。

でも、山城ではなく神域との境に作られた祭祀の跡との説もあります。

こうした神籠石は、北部九州に10箇所、瀬戸内沿岸に6箇所確認されています。
作られたのは7世紀初期で、大和朝廷が白村江の戦いで敗れた後に作られたとされています。

でも、私はそうではなく、大和朝廷以前に作られていたと思います。
まぁ、理由は色々とあるのですよ(笑)

でも、ここで語れば長くなるし、ブログの趣旨が変わってしまうのでやめときますw




雷山12




昔は先程の水門で作られていたであろう山上の池は、現在の技術で別の溜池にw
この溜池の上流に南水門がありました。




雷山13




こちらは崩れてしまっていますが・・・(笑)
もう1箇所。




雷山14




こっちなら、加工された石がはっきりと分かりますね。
南水門は、2箇所の導水口で水量を調節していたようです。




雷山15




南水門近くから見た現在の池。
とても静かでいい雰囲気でしたよ。




雷山16




帰りは雷山の方へ。
こっちの道は快適でした(笑)
すぐに舗装された林道に出ましたしね。




雷山17




何かたいして面白くもなく、きちんとした解説もできていない今回のネタ。
書きたいことは山ほどあるんだけどねぇ・・・(笑)




雷山18




神籠石、興味がある人はググってみてください。
誰もググらんやろうけど(笑)












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/06/08】 | 福岡県 トラックバック(0) |

おしえて、ロコ!
エム
ググってやったわ! どうじゃーー。
わわ、うそうそ。天の邪鬼病。

のらさん、毎回毎回風光明媚な旅をありまもう! 
あとこニャーだはオススメ車種おせーてくれてありまもー。参考にするのだー。
のら&ロコ号、こだわりの選車なイメージで。色からして。これが軽とわ!
山道とか長距離とか、普通車に比べて馬力とかどうなん?
そしてロコたんは車酔いとかしないの??



Re: おしえて、ロコ!
のら
エムしゃん、まいど~w

そうなのです、軽なのです(笑)
そうねぇ、やっぱ軽だからねぇ
乗り心地とか馬力とか、普通車と比べたら劣るよねw

でも、ロコとふたり旅にはちょうど良い。
ついでに、小さいから細い道にも躊躇せず入っていけるね(笑)

ロコは子供の頃から車に乗ってるので、あまり酔わないよ。
でも、山道を調子こいて飛ばすと酔うこともあるね。
そんな時は、車の中でゲロリンちょ(笑)

ロコ、ごめんねって泣きながらゲロの始末をするのですw



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おしえて、ロコ!
ググってやったわ! どうじゃーー。
わわ、うそうそ。天の邪鬼病。

のらさん、毎回毎回風光明媚な旅をありまもう! 
あとこニャーだはオススメ車種おせーてくれてありまもー。参考にするのだー。
のら&ロコ号、こだわりの選車なイメージで。色からして。これが軽とわ!
山道とか長距離とか、普通車に比べて馬力とかどうなん?
そしてロコたんは車酔いとかしないの??

2015/06/09(Tue) 01:47 | URL  | エム #-[ 編集]
Re: おしえて、ロコ!
エムしゃん、まいど~w

そうなのです、軽なのです(笑)
そうねぇ、やっぱ軽だからねぇ
乗り心地とか馬力とか、普通車と比べたら劣るよねw

でも、ロコとふたり旅にはちょうど良い。
ついでに、小さいから細い道にも躊躇せず入っていけるね(笑)

ロコは子供の頃から車に乗ってるので、あまり酔わないよ。
でも、山道を調子こいて飛ばすと酔うこともあるね。
そんな時は、車の中でゲロリンちょ(笑)

ロコ、ごめんねって泣きながらゲロの始末をするのですw

2015/06/11(Thu) 12:58 | URL  | のら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。