上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいど(´・ω・`)

大分県と熊本県の県境に、連続して2つのダムがあります。
同じ筑後川水系のダムで、昭和28年の西日本水害を機に計画され
両ダムとも昭和48年に完成しています。

下流にあるのが、松原ダム。
上流にあるのが、下筌(しもうけ)ダムです。

下流にある松原ダムは、堤頂を国道212号が通るので
どちらかと言えば、松原ダムの方が知られていると思います。

この松原ダムと下筌ダムは、夏の顔を持っているのです(`・∀・´)
へ?って思っちゃいました?w

でも、本当なのです(笑)




下筌ダム1




暑い7月の中旬、私達は下筌ダムへやって来ました。
ここは、下筌ダムのダム湖の中。

両岸を見ていただければ、なんとなく想像できると思いますが
ここは、夏以外は水の底なのです。




下筌ダム2




車から降りたロコでしたが、寝起きでご機嫌斜めです(笑)




下筌ダム3




日差しが強く、暑かったので車の陰から出ようとしないロコ。
だがしかし、そこも車の熱で決して涼しいとは思えない (○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

あまりに不憫だったので、ロコはエアコンの効いた車の中へ。
私一人でダム湖の中を散策します。




下筌ダム4




昔は家屋や畑があったであろうと思わせる石垣が所々に残っています。




下筌ダム5




ダム湖の中に夏だけ現れる、以前の小川。




下筌ダム6




石垣が崩れてしまって、以前の姿が分からない所も。

下筌ダムのダム湖の名前は、蜂の巣湖。
ダム建設時に起こった、日本最大級のダム反対運動
蜂の巣城紛争の舞台だったからです。

この反対運動について深くは触れませんが、
盲目的な反対運動などではなく、地元を如何に守り、
活性化させていくかを最優先に考えた運動だったことだけは書いておきます。

ま、最近の薄っぺらいデモだとか、反対運動とは訳が違うのですよ。




下筌ダム7




夏しか見れない、下筌ダムの堤体の内側を眺めたら
下流の松原ダムのダム湖の中へと移動です。



下筌ダム8




これが、下筌ダムの堤体の外側。
この時期だけ、普段は見れない部分まで見ることが出来ます。




下筌ダム9




ダム湖の中に現れた、こんな道を通って下筌ダムの堤体下まで。




下筌ダム10




ここに来て気づいた人もいるかもしれませんが、
下筌ダムの堤体の内側で撮った写真と雰囲気、色加減が違うでしょ?

カメラの露出が変わってることに、こっちに来て気づいたのです(笑)
あっちでは、日差しでカメラのモニターもよく見えなかったから(;・∀・)




下筌ダム11




こちら側は、先ほどのように日差しが強くなかったので
積極的に歩きまわるロコさんw




下筌ダム12




下筌ダムの堤体の高さは98メートル。
最初の設計段階では、100メートルを越える高さだったらしい。




下筌ダム13




ココらへんでと言われても、そんなポーズじゃ撮る気がしない(笑)

ダムの形式はアーチ式コンクリートダム。
筑後川の治水、日田市への利水、水力発電を目的としています。

導水トンネルによって、熊本県の竜門ダムとも繋がってるらしいです。
Σ(`Д´ )マヂデスカ!?

たぶん、直線距離でも30キロくらいはあるし、途中に山が3つあるんだけど・・・。
なんか、知らない所で大工事やってたのねぇ。



下筌ダム14




ロコを川岸の方へ誘導したんですけど、手前の草に隠れた石ころだらけの場所が
かなり歩きにくかったらしく、逃げてしまいましたw

ここでポーズを取って欲しかった(´・ω・`)




下筌ダム15




ロコは対岸に何かを見つけたようです。
果たしてそれは・・・。


という訳で、その2へ続くのです(笑)








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?








関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
下筌ダム2




車から降りたロコでしたが、寝起きでご機嫌斜めです(笑)




下筌ダム3




日差しが強く、暑かったので車の陰から出ようとしないロコ。
だがしかし、そこも車の熱で決して涼しいとは思えない (○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

あまりに不憫だったので、ロコはエアコンの効いた車の中へ。
私一人でダム湖の中を散策します。




下筌ダム4




昔は家屋や畑があったであろうと思わせる石垣が所々に残っています。




下筌ダム5




ダム湖の中に夏だけ現れる、以前の小川。




下筌ダム6




石垣が崩れてしまって、以前の姿が分からない所も。

下筌ダムのダム湖の名前は、蜂の巣湖。
ダム建設時に起こった、日本最大級のダム反対運動
蜂の巣城紛争の舞台だったからです。

この反対運動について深くは触れませんが、
盲目的な反対運動などではなく、地元を如何に守り、
活性化させていくかを最優先に考えた運動だったことだけは書いておきます。

ま、最近の薄っぺらいデモだとか、反対運動とは訳が違うのですよ。




下筌ダム7




夏しか見れない、下筌ダムの堤体の内側を眺めたら
下流の松原ダムのダム湖の中へと移動です。



下筌ダム8




これが、下筌ダムの堤体の外側。
この時期だけ、普段は見れない部分まで見ることが出来ます。




下筌ダム9




ダム湖の中に現れた、こんな道を通って下筌ダムの堤体下まで。




下筌ダム10




ここに来て気づいた人もいるかもしれませんが、
下筌ダムの堤体の内側で撮った写真と雰囲気、色加減が違うでしょ?

カメラの露出が変わってることに、こっちに来て気づいたのです(笑)
あっちでは、日差しでカメラのモニターもよく見えなかったから(;・∀・)




下筌ダム11




こちら側は、先ほどのように日差しが強くなかったので
積極的に歩きまわるロコさんw




下筌ダム12




下筌ダムの堤体の高さは98メートル。
最初の設計段階では、100メートルを越える高さだったらしい。




下筌ダム13




ココらへんでと言われても、そんなポーズじゃ撮る気がしない(笑)

ダムの形式はアーチ式コンクリートダム。
筑後川の治水、日田市への利水、水力発電を目的としています。

導水トンネルによって、熊本県の竜門ダムとも繋がってるらしいです。
Σ(`Д´ )マヂデスカ!?

たぶん、直線距離でも30キロくらいはあるし、途中に山が3つあるんだけど・・・。
なんか、知らない所で大工事やってたのねぇ。



下筌ダム14




ロコを川岸の方へ誘導したんですけど、手前の草に隠れた石ころだらけの場所が
かなり歩きにくかったらしく、逃げてしまいましたw

ここでポーズを取って欲しかった(´・ω・`)




下筌ダム15




ロコは対岸に何かを見つけたようです。
果たしてそれは・・・。


という訳で、その2へ続くのです(笑)








ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?








関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/08/29】 | 大分県 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。