上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいど(´・ω・`)

ダムというものは、川を堰き止め水を貯めるものです。
日本は世界でも有数のダム大国で、その技術は
世界的に評価が高いのだとか・・・。

そんな日本にも、失敗作というものが存在するのです。

最初にも言った通り、ダムは水を貯めるものです。
でも、水が貯まらない底抜けダムというものが、九州と北海道にあるのです。




底抜けダム1




ここは、熊本の産山村。
阿蘇の外輪山と九重連山の間のカルスト台地に作られたのが大蘇ダム。

昔から農業用水に困っていた、大分・熊本の県境に水を供給するために
1,979年に着工したダムです。

堤高は69.9メートル、堤頂長は262.1メートル。
立派なダムなんですけど、致命的な欠陥があるのです・・・。




底抜けダム2




この橋は、ヒゴタイ大橋。
大蘇ダムのダム湖を跨ぐ橋です。




底抜けダム3




そのヒゴタイ大橋から見た、大蘇ダムの堤体。
下にはダム湖が広がるはずでした。

でも、いつ来てみても水位はこんな感じ。




底抜けダム4




ちょっとした観光スポットになるはずだった、ヒゴタイ大橋の上もこんな感じ。




底抜けダム5




大蘇ダムの致命的な欠陥というのが、水が貯まらない事。
水を堰き止めても、周囲の土壌が水を吸い込んでしまうのです。

そこで、九州農政局が取った対策は
ダムの底や壁面にコンクリートを吹き付けて浸透するのを防ぐというものw

実際は、側面だけのようですが、見ての通り
堤体の周辺はコンクリートで固められています。




底抜けダム6




ヒゴタイ大橋から見た上流部。

現在も壁面にコンクリートを吹き付ける作業は続いています・・・。
当然、事業費は膨らんで行くわけです。

さて、それを誰が払うのか?
そんな訳で揉めてるようですw




底抜けダム7




まぁ、詳しく知りたい方は、「底抜けダム」とか「大蘇ダム」で検索してみてください。




底抜けダム8




ロコも乗り気ではなかったので、この話はこれくらいにしておきます(笑)

ホントはね、たくさん写真を撮って
この件について、たくさん語らせるつもりだったんだよねぇ~w

ま、世にも珍しい底抜けダムってことで覚えておいてね~(笑)












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
底抜けダム2




この橋は、ヒゴタイ大橋。
大蘇ダムのダム湖を跨ぐ橋です。




底抜けダム3




そのヒゴタイ大橋から見た、大蘇ダムの堤体。
下にはダム湖が広がるはずでした。

でも、いつ来てみても水位はこんな感じ。




底抜けダム4




ちょっとした観光スポットになるはずだった、ヒゴタイ大橋の上もこんな感じ。




底抜けダム5




大蘇ダムの致命的な欠陥というのが、水が貯まらない事。
水を堰き止めても、周囲の土壌が水を吸い込んでしまうのです。

そこで、九州農政局が取った対策は
ダムの底や壁面にコンクリートを吹き付けて浸透するのを防ぐというものw

実際は、側面だけのようですが、見ての通り
堤体の周辺はコンクリートで固められています。




底抜けダム6




ヒゴタイ大橋から見た上流部。

現在も壁面にコンクリートを吹き付ける作業は続いています・・・。
当然、事業費は膨らんで行くわけです。

さて、それを誰が払うのか?
そんな訳で揉めてるようですw




底抜けダム7




まぁ、詳しく知りたい方は、「底抜けダム」とか「大蘇ダム」で検索してみてください。




底抜けダム8




ロコも乗り気ではなかったので、この話はこれくらいにしておきます(笑)

ホントはね、たくさん写真を撮って
この件について、たくさん語らせるつもりだったんだよねぇ~w

ま、世にも珍しい底抜けダムってことで覚えておいてね~(笑)












ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2015/10/10】 | 熊本県 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。