上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいど(´・ω・`)

いきなり暖かくなってきましたねぇw
もう3月なんで、春はもうすぐです。

さて、3月3日のひな祭りの日。
私はネコたちのひなまつりに参加すべく
福岡の飯塚市へ行って来ました。

ひなまつり会場はここ。




嘉穂劇場1




今では珍しい芝居小屋である嘉穂劇場です。
芝居小屋なので、ロコは入ることが出来ません。
なので、車の中でお留守番。




嘉穂劇場2




入り口の引き戸を開けて、玄関で靴を脱ぎ脱ぎ。




嘉穂劇場3




ひな祭り会場なので、お雛様が飾ってあります(笑)
でも、普通のお雛様が見たいのなら、ここではなくて
伊藤伝右衛門邸へ行ってたでしょう。




嘉穂劇場4




私が見たかったのは、コレです。
ネコのお雛様です。




嘉穂劇場5




現在、嘉穂劇場では「ネコたちのひなまつり」と題して
地元のアーティスト其田正治さんの作品を展示しているのです。




嘉穂劇場6




舞台の裏側が猫劇場になっていました。




嘉穂劇場7




作品の前にはベンチや小道具が置いてあって
作品の一部になって写真が撮れます。




嘉穂劇場8




色々な作品があって、全部紹介することは出来ません。
かなり省いてアップしますが、それでも
いつもよりは長い記事になってしまってます(;・∀・)w




嘉穂劇場9




だって、普通の芝居小屋としての見学もできるんですから
短くするのが難しいのです(笑)

ここは、小道具部屋。
中を覗いてみると・・・。




嘉穂劇場10




シュールなお地蔵様がお出迎え(笑)




嘉穂劇場11




独りで来たのでしませんでしたが、
小道具の銃を手にソファーに座ればネコギャングになれますw




嘉穂劇場12




ネコと一緒に木枠の中に入って、作品の完成。
肩もみしてもらいたかった・・・。




嘉穂劇場13




ここからは施設見学。
これは、奈落への入り口です。




嘉穂劇場14




中へ入ると、回り舞台が。
嘉穂劇場の回り舞台は、直径が16メートル
重さが6トンなのだそうです。

それを人の力で回します。
12人で回すのですが、回すのも大変
止めるのも大変なのだそう。




嘉穂劇場15




花道の下が地下通路になっていて
客席の後ろに回って役者さんが登場できます。




嘉穂劇場16




その地下通路にあった、ワハハ本舗の寄せ書き。




嘉穂劇場17




地下通路から出ると、客席の後方。




嘉穂劇場18




2階へ移動します。
2階からの眺めもなかなか良かった。




嘉穂劇場19




九州で現在稼働している芝居小屋は2つだけ。
ここ嘉穂劇場と、熊本の八千代座です。




嘉穂劇場20




嘉穂劇場は昭和6年開場。
その前身である劇場、中座の歴史も含めれば100年以上になるそうです。




嘉穂劇場21




そんな嘉穂劇場ですが、2003年の集中豪雨で
1階部分が水没する被害にあってます。

一時は再開が危ぶまれたんですよ。




嘉穂劇場22




沢山の人の善意で復活した嘉穂劇場。
こうして元気にやってます。




嘉穂劇場23




嘉穂劇場は、国の登録有形文化財。
経済産業省認定の近代化産業遺産です。




嘉穂劇場24




そうそう、嘉穂劇場の定員は1200人。
パッと見、どうやっても入れそうにないんですが・・・。




嘉穂劇場25




係の人曰く
詰め込みゃ、入るんです(笑)
とのことでした(;・∀・)














ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
嘉穂劇場2




入り口の引き戸を開けて、玄関で靴を脱ぎ脱ぎ。




嘉穂劇場3




ひな祭り会場なので、お雛様が飾ってあります(笑)
でも、普通のお雛様が見たいのなら、ここではなくて
伊藤伝右衛門邸へ行ってたでしょう。




嘉穂劇場4




私が見たかったのは、コレです。
ネコのお雛様です。




嘉穂劇場5




現在、嘉穂劇場では「ネコたちのひなまつり」と題して
地元のアーティスト其田正治さんの作品を展示しているのです。




嘉穂劇場6




舞台の裏側が猫劇場になっていました。




嘉穂劇場7




作品の前にはベンチや小道具が置いてあって
作品の一部になって写真が撮れます。




嘉穂劇場8




色々な作品があって、全部紹介することは出来ません。
かなり省いてアップしますが、それでも
いつもよりは長い記事になってしまってます(;・∀・)w




嘉穂劇場9




だって、普通の芝居小屋としての見学もできるんですから
短くするのが難しいのです(笑)

ここは、小道具部屋。
中を覗いてみると・・・。




嘉穂劇場10




シュールなお地蔵様がお出迎え(笑)




嘉穂劇場11




独りで来たのでしませんでしたが、
小道具の銃を手にソファーに座ればネコギャングになれますw




嘉穂劇場12




ネコと一緒に木枠の中に入って、作品の完成。
肩もみしてもらいたかった・・・。




嘉穂劇場13




ここからは施設見学。
これは、奈落への入り口です。




嘉穂劇場14




中へ入ると、回り舞台が。
嘉穂劇場の回り舞台は、直径が16メートル
重さが6トンなのだそうです。

それを人の力で回します。
12人で回すのですが、回すのも大変
止めるのも大変なのだそう。




嘉穂劇場15




花道の下が地下通路になっていて
客席の後ろに回って役者さんが登場できます。




嘉穂劇場16




その地下通路にあった、ワハハ本舗の寄せ書き。




嘉穂劇場17




地下通路から出ると、客席の後方。




嘉穂劇場18




2階へ移動します。
2階からの眺めもなかなか良かった。




嘉穂劇場19




九州で現在稼働している芝居小屋は2つだけ。
ここ嘉穂劇場と、熊本の八千代座です。




嘉穂劇場20




嘉穂劇場は昭和6年開場。
その前身である劇場、中座の歴史も含めれば100年以上になるそうです。




嘉穂劇場21




そんな嘉穂劇場ですが、2003年の集中豪雨で
1階部分が水没する被害にあってます。

一時は再開が危ぶまれたんですよ。




嘉穂劇場22




沢山の人の善意で復活した嘉穂劇場。
こうして元気にやってます。




嘉穂劇場23




嘉穂劇場は、国の登録有形文化財。
経済産業省認定の近代化産業遺産です。




嘉穂劇場24




そうそう、嘉穂劇場の定員は1200人。
パッと見、どうやっても入れそうにないんですが・・・。




嘉穂劇場25




係の人曰く
詰め込みゃ、入るんです(笑)
とのことでした(;・∀・)














ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2016/03/06】 | 福岡県 トラックバック(0) |

のら版宝島VOW!
エム
のらさんブログってすごいなあ…
なぜって、こやって穴場な名所の九州情報を毎回、提供してくれるから、よ!
最近「猫」がキてるじゃない? 猫ブームなだけに、もっとここ、メディアで紹介されてもいいのに。
視野が広がるわ~。日本は広い! ローカルだからこそおもろいー。


足袋ネコ
ノラさん おこんばんは!
ニャンコのクリスマス は聞いたことあるんですが
ネコの いや、ネコたちのひな祭りですと!?
ひな壇に上がり込んで雛人形をなぎ倒してお昼寝を決め込むネコさんがいますからねぇ(笑)
ひな壇のてっぺんは高いし さぞ眺めがよろしいんでしょうな。
芝居小屋の探検ができるなんてすばらしい!
回舞台の下なんて ロコたんが狂喜乱舞しそうじゃないですか。
きっとロコたんには 無限に広がる「キャットウォーク」に見えると思う、うん。

エムしゃん
のら
いや、いや、エムしゃんのブログだって凄いよ~。
最近はほんと貴重な情報流してくれてると思うw

それも、笑いありだしねぇ(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

でもさ、日本て広いよねぇ。
九州だけでまだネタが尽きないし(笑)

そのうち、九州だけじゃなくて
色々行きたいとは思ってるけど
広すぎて薄っぺらな情報しか流せないんだろうねぇw

で、九州移住計画どうする?w



足袋ネコさん
のら
どもども、お久しぶりでございます。
ひな壇はネコにとっては最高の場所でしょうねぇ(笑)

でも、ひな壇にきちんとネコ達が並んでくれたなら・・・。
それはもう、こっちが狂喜乱舞してしまう世界ですね。

芝居小屋、ネコにはもう堪らない世界だと思いました。
遊べそうな場所だらけですもん。
ある意味、ロコが入れなくて良かったと思うのです(笑)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
のら版宝島VOW!
のらさんブログってすごいなあ…
なぜって、こやって穴場な名所の九州情報を毎回、提供してくれるから、よ!
最近「猫」がキてるじゃない? 猫ブームなだけに、もっとここ、メディアで紹介されてもいいのに。
視野が広がるわ~。日本は広い! ローカルだからこそおもろいー。
2016/03/07(Mon) 00:33 | URL  | エム #-[ 編集]
ノラさん おこんばんは!
ニャンコのクリスマス は聞いたことあるんですが
ネコの いや、ネコたちのひな祭りですと!?
ひな壇に上がり込んで雛人形をなぎ倒してお昼寝を決め込むネコさんがいますからねぇ(笑)
ひな壇のてっぺんは高いし さぞ眺めがよろしいんでしょうな。
芝居小屋の探検ができるなんてすばらしい!
回舞台の下なんて ロコたんが狂喜乱舞しそうじゃないですか。
きっとロコたんには 無限に広がる「キャットウォーク」に見えると思う、うん。
2016/03/11(Fri) 18:38 | URL  | 足袋ネコ #pR4S4du2[ 編集]
エムしゃん
いや、いや、エムしゃんのブログだって凄いよ~。
最近はほんと貴重な情報流してくれてると思うw

それも、笑いありだしねぇ(○`艸´)・゚・。・゚・。ブッ

でもさ、日本て広いよねぇ。
九州だけでまだネタが尽きないし(笑)

そのうち、九州だけじゃなくて
色々行きたいとは思ってるけど
広すぎて薄っぺらな情報しか流せないんだろうねぇw

で、九州移住計画どうする?w

2016/03/13(Sun) 02:53 | URL  | のら #-[ 編集]
足袋ネコさん
どもども、お久しぶりでございます。
ひな壇はネコにとっては最高の場所でしょうねぇ(笑)

でも、ひな壇にきちんとネコ達が並んでくれたなら・・・。
それはもう、こっちが狂喜乱舞してしまう世界ですね。

芝居小屋、ネコにはもう堪らない世界だと思いました。
遊べそうな場所だらけですもん。
ある意味、ロコが入れなくて良かったと思うのです(笑)
2016/03/13(Sun) 02:58 | URL  | のら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。