上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいど(´・ω・`)

大変ご無沙汰しております。
まぁ、色々と立て続けに起こっておりまして・・・。

とてもブログ更新する気にはならなかったのです。

そんな出来事のひとつが、数日前に終了したのでご報告です。

のら家の長老ネコのしまじろうを覚えておいででしょうか?
滅多に登場しないので、知らないって方もいるでしょうね。




しまじろう1




しまじろうは、のらがまだ若い頃に拾ってきたネコ。
のらがネコ好きになるきっかけを作ったネコ。




しまじろう2




ロコと違って小さいので、肩に乗せても苦にならないネコw
ロコと違って木登りができるネコ(笑)

ロコのことを嫌っていたくせに、脱走したロコを探し出して
連れて帰ってきてくれたネコ。

ロコのことを嫌っていたくせに、ロコのためにご飯を残してくれていたネコw

20歳まで生きてるって約束してくれたネコ。




しまじろう3




もう少しで20歳だったのに・・・。
もう、しまじろうはこの世にいない。

ドタバタしてる最中の最期だったけど
しっかりと最期の時を一緒に迎えさせてくれてありがとう。

ドタバタしてて、お前にかかりっきりになってやれなくて
本当にごめん・・・。

現実から目をそらそうとしてごめん。

今まで本当にありがとう。
あの日、拾われてくれてありがとう。

また、会う日まで。




















ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
しまじろう3




もう少しで20歳だったのに・・・。
もう、しまじろうはこの世にいない。

ドタバタしてる最中の最期だったけど
しっかりと最期の時を一緒に迎えさせてくれてありがとう。

ドタバタしてて、お前にかかりっきりになってやれなくて
本当にごめん・・・。

現実から目をそらそうとしてごめん。

今まで本当にありがとう。
あの日、拾われてくれてありがとう。

また、会う日まで。




















ロコ2こんな僕ですがよろしくなのです。
皆さんにポチット応援して欲しいのですロコの手

ロコに清き一票を!なのです♪   僕は今日何位・・・?







関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

【2016/05/21】 | ロコ便り トラックバック(0) |

えっ・・・
エム
しまじろじいさん…そうだったの…
ロコと比べて存在感薄かったけど、割と気にかけてたわよ。
冒頭からまさか、、、とは思ったけど。。。まさか!
でもすごい、20年近く生きたなんて。大往生よ。
飼い主さんも表彰ものだわ。のらさん、元気出して! 
いいニャン生だったハズよ。しまじろー、どうぞ安らかにね。



管理人のみ閲覧できます
-


こんにちは
oharumama
のらさん、こんにちは。

しまじろうさん、20年近くも生きられたなんて
幸せだったと思います。
のらさんを猫好きにさせてくれた猫ちゃんなんですね。
そんな子と20年も一緒にいられていいなぁ~
私は、去年の2月にコンビニから拾ってきた最愛のこまめを7歳で亡くしてしまいました。
いまだに立ち直れませんよぉ~

だからにゃーごとまめたんには、しまじろうさんみたいに
20年は健康で長生きしてもらいます。

のらさん、元気だしてくださいね。
しまじろうさんの御冥福をお祈りいたします。

しまじろうにコメントしていただいた皆様へ
のら
お気遣い頂き、誠にありがとうございます。
しまじろうは、このブログでは存在が薄かったけれど
私にとっては、大事なネコでした。

でもまぁ、そんなこと言いながら
実家にいない時期が長かったので
しまじろう的にはちゃんちゃら可笑しいぜって話なんでしょうけどw

やっと帰ってきたと思えば
ロコがいたりして・・・。

そんな訳で、しまじろうはロコには冷たい時期がありました。
でも、いつの間にかロコを受け入れてくれ
ロコに対して気遣いも見せてくれる
懐の大きなネコでした。

寒がりで、寂しがりなネコ。
ご飯には執着心がない変なネコ。

でも、忘れません
拾ったその日に手元にあった牛乳を飲ませたら
にゃうにゃうと、しゃべりながら飲んだこと。

朝っぱらから、私を起こすために
カーテンレールの上からダイブしたことw

嫌っていたロコが初めて脱走したとき
先に外に出ていたしまじろうに
ロコを探してきてくれんやろうか?と頼んだら
文句を言いながらも連れてきてくれたこと。

君の最期のおしっこの臭いw
遅くなっていく心音。

心臓は動いているのに
硬くなっていく顔。

最期のトクンという心音。

ああ、コメントに対するお返事だったのに
なんか、ブログの続きになってしまいましたね。

すみません。
でも、ありがとうございました。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
えっ・・・
しまじろじいさん…そうだったの…
ロコと比べて存在感薄かったけど、割と気にかけてたわよ。
冒頭からまさか、、、とは思ったけど。。。まさか!
でもすごい、20年近く生きたなんて。大往生よ。
飼い主さんも表彰ものだわ。のらさん、元気出して! 
いいニャン生だったハズよ。しまじろー、どうぞ安らかにね。

2016/05/21(Sat) 23:49 | URL  | エム #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/22(Sun) 05:20 |   |  #[ 編集]
こんにちは
のらさん、こんにちは。

しまじろうさん、20年近くも生きられたなんて
幸せだったと思います。
のらさんを猫好きにさせてくれた猫ちゃんなんですね。
そんな子と20年も一緒にいられていいなぁ~
私は、去年の2月にコンビニから拾ってきた最愛のこまめを7歳で亡くしてしまいました。
いまだに立ち直れませんよぉ~

だからにゃーごとまめたんには、しまじろうさんみたいに
20年は健康で長生きしてもらいます。

のらさん、元気だしてくださいね。
しまじろうさんの御冥福をお祈りいたします。
2016/05/23(Mon) 19:22 | URL  | oharumama #-[ 編集]
しまじろうにコメントしていただいた皆様へ
お気遣い頂き、誠にありがとうございます。
しまじろうは、このブログでは存在が薄かったけれど
私にとっては、大事なネコでした。

でもまぁ、そんなこと言いながら
実家にいない時期が長かったので
しまじろう的にはちゃんちゃら可笑しいぜって話なんでしょうけどw

やっと帰ってきたと思えば
ロコがいたりして・・・。

そんな訳で、しまじろうはロコには冷たい時期がありました。
でも、いつの間にかロコを受け入れてくれ
ロコに対して気遣いも見せてくれる
懐の大きなネコでした。

寒がりで、寂しがりなネコ。
ご飯には執着心がない変なネコ。

でも、忘れません
拾ったその日に手元にあった牛乳を飲ませたら
にゃうにゃうと、しゃべりながら飲んだこと。

朝っぱらから、私を起こすために
カーテンレールの上からダイブしたことw

嫌っていたロコが初めて脱走したとき
先に外に出ていたしまじろうに
ロコを探してきてくれんやろうか?と頼んだら
文句を言いながらも連れてきてくれたこと。

君の最期のおしっこの臭いw
遅くなっていく心音。

心臓は動いているのに
硬くなっていく顔。

最期のトクンという心音。

ああ、コメントに対するお返事だったのに
なんか、ブログの続きになってしまいましたね。

すみません。
でも、ありがとうございました。

2016/06/09(Thu) 01:30 | URL  | のら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。